カテゴリー「VFR1200F」の14件の記事

2012年3月 9日 (金)

2012年モデルのカタログ-VFR1200F-

カタログネタ、第2弾φ(^^;)ゞ

Rimg5068

VFR1200F 2012年モデルのカタログです。

Rimg5070

タンク容量の1L増加、トラクションコントロール追加、DCT仕様の変速制御マイチェンが目に付く改良部分。オプションですけど、フットチェンジペダル追加も面白い改良点ですね。車でいうなら“パドルシフト追加”でしょうか。
外観的にはテールランプがLEDになったぐらい。

Rimg5071

小さいようで、実は素人改造で手を出せない部分の改良が多いですね。

お約束のテールランプのLED化はさておき、メーカーだからできるバージョンアップを、しっかりやっている印象があります。

..

「もう、VFR1200Fは選外なんでは?」

そんなツッコミがありそうなんですが・・・
ん~まぁ、そうなんですけど、かっ飛びGTスポーツ(隼とかZZR)、嫌いじゃないんですよ、そんなに。VFR1200F-DCTは、そのカテゴリー唯一のツインクラッチモデルなんで、チャンスがあれば所有してみたいのは変わっていなかったりするんですね、これがまた。
σ(^◇^;)

| | コメント (0)

2010年10月10日 (日)

VFR1200F DCT に試乗してきました。φ( ̄∇ ̄o)

涼しくなってきたなぁ~

バイク乗りたくなってきたぞ~

そういえば、VFR12000F DCT まだ試乗してなかったな~

どれどれ・・・¢( ・_・) ~DCTの試乗、どっかでやっていないかな。

.

ホンダドリームのサイトに行くと、各店にある試乗車が一覧で調べられるのです。DCT仕様の試乗ができるのは、一番近いところで所沢のドリームっぽかったので、先日行ってきました。

Rimg3724

DCT仕様とご対面~
o(*^▽^*)o

思えば昨年のモーターショーで見てから、約一年を経て、いよいよの試乗です。

Rimg3717

クラッチレバーがありません。

Rimg3718_2

凝った造形のフロントレンズ。この角度から見ると、よくわかります。

Rimg3719

DCT仕様の証のクラッチカバー

・・・

さて、試乗してみての感想です。

これは、イイです。
d(⌒ー⌒) !

試乗している間、ず~っと、にやけっぱなし、楽しくてたまりません。

DCT仕様で一番気になっていた、走り始めと停止直前もウルトラスムーズ!(なにが、ウルトラなのかは、さておき)
試乗コースは車列が途切れない幹線道路なのですが、クラッチレスなので、いたって快適。

某ムルチのモードセレクトもイイんですけど、DCTも素晴らしい・・・。
ぶっちゃけていうなら、このV4+DCTをムルチの電子制御+車体に載せたバイクが、私の理想のカタチですねぇ。
φ(・・*)ゞ

DCTは速度に応じて、カシュカシュカシューン、というメカニカルサウンドとともにギアが切り替わるのですが、このサウンドも、私的にはアリ! メカっぽいところが、ツボにはまりました。

“試乗コース短いので、何周かしてもいいですよ~”というスタッフのお言葉に甘えて、コースを思わず2周もしてしまいました。・・・渋滞している幹線道路をですよ。

・・・

DCT仕様を試乗してみて、バイクは乗ってなんぼだなぁ~と、改めて思いましたね。

ここのところ忙しく、ちと冷めつつあった乗り換え意欲。
この試乗がきっかけで、また刺激されちゃいました。

Multistrada1200は、やっぱりイタリアンクオリティというか、あちこちのオーナーさんブログを拝見する限り・・・、品質に難ありだなぁと思わされるんですよね。

じゃあVFR1200F DCT?

ただ、トライアンフからタイガー800という、なにやら良さそげなものがアナウンスされているし・・・

大外から、(置き場的にたぶんNGなんだけど)、BMWから6発のツアラーも出てきたし。ナビの取付位置が私のCBRと同じ(メーターの上)なんだよね、コレ。だからきっと、このバイクの設計コンセプトは、私がバイクに求めるツボに、ピッタリはまっていそうな気がするんですよね~。
まぁ、6発といえば、こいつもいるんですけどね(置き場的に絶対NGなんですが・・・)

そして、11月にあるという、ヨーロッパでのバイクショー(ミラノ?)でもさらに何か面白そうなものがでてきそう。

ん~
バイク不況が続いているせいか、なんとか競争力のあるものを作ろうとメーカーが頑張っているので、出てくる新型、どれも魅力的ですよね。
σ(^◇^;)

| | コメント (2)

2010年7月 1日 (木)

あと1ヶ月で登場 VFR1200F DCT仕様 7/29発売

とうとう、登場するようです。

1

VFR1200F DCT仕様!!

発売は7/29・・・夏真っ盛りの時期ですな。(^_^;)

発売されたら、まずはドリーム店で試乗をしてみたいと思います。

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

VFR1200F DCT仕様 発売日は7月末!?

そろそろアナウンスがあってもいいんじゃな~い?

情報求めて、インターネットをウロウロ
キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

すると、こんな情報が釣れました。

VFR1200F DCT仕様 7月27日発売日決定!

価格 1,600,000円 <<おっ、MT仕様とそんなに変わらないのね。

・・・

夏真っ盛りの時期に、試乗して・・・、トラ(トランザルプのほうね)にするか、ムルティにするか、VFR1200Fにするか、、結論がようやく出せそうか?
b( ̄∇ ̄o)

といっても、
真夏は乗るのに厳しいので、買い替えるにしても、秋口とか・・・来春という可能性も?
(´,_ゝ`)

| | コメント (0)

2010年4月10日 (土)

ロード(公道) 試乗インプレ VFR1200F

VFR1200Fの公道試乗に行ってきました。
お店は、先日一度訪れて振られた「ドリーム練馬」

Rimg2981

VFR1200F、お店にいましたよ。

さっそく試乗。

試乗コースは笹目通りと環八と目白通りを周遊するコースなので単調ですが、まぁちょっとゴニョゴニョ(謎)すれば、意外と乗り味は分かるものです。

試乗コースをCBR600Fでぐるっと走った後に、VFR1200Fに乗ったので、同じ条件下でのVFR1200FとCBR600Fの違いみたいなものが、よくわかりました。

では、
インプレいってみましょうか・・・

お店を出てまずは、いきなりの

Rimg2980_2

渋滞(-_-)

ま、都内の公道なんて、そんなものです。

渋滞下でチェックしたポイントは・・・
①クラッチの重さ
②足つき
③ラジエーターファンからの熱風

①クラッチの重さ
握った感じは、CBR600Fと同じぐらいに感じます。
(^^;)これはVFR1200が軽いのか?CBR600Fのクラッチがそもそも重いのか。
繰り返し握って(耐久テストw)みたところ、軽いとは・・・いえないけれど、重い・・・というほどではなかったかな。

②足つき
良好。私の体格だと、まったく不安無し。
シート形状+重心の低さがポイントです。

③ラジエーターファンからの熱風
臑から腿にかけて、けっこう来ます、熱風が。直前に他の人が試乗していたので、渋滞にはまった途端にファンが回りました。
ラジエーターファンからの熱風対策加工をしている私のCBR600Fと比べてはいけないかもしれませんが、夏場は気になると思います。熱風対策加工は必要ですね。

長めの直線を法定速度+αで流したときにチェックしたポイントは・・・
④走行風(エアマネジメント)の身体へのあたり方
⑤レーンチェンジ時の動き
⑥停止時のブレーキ性能

④ヘルメットの顎から上に走行風があたる感じ。
大磯では「静か」と表現したけれど、あれは速度域が低かったからですね。顎から上のヘルメットに風がもろに当たるため、風切り音が静かということはないです。スクーターのスクリーンを移植している私のCBR600Fみたいな防風性能はなかったですね。(笑)
もっとも、身体に風はあたらないので、速度があがっても風圧が気になることはなかったです。

⑤軽く感じます。重心がCBR600Fよりも、ずっと地面に近いところにあることが感じられました。安定しているのに、軽快です。

⑥いいですね。狙った停止距離ですっと停まれます。連動ブレーキのおかげで、フットブレーキを踏まなくてもいいので、右足着いての停車が楽!(^_^)

ゆるく蛇行した二車線道路で軽くバンクしながら流したときのポイントは・・・
⑦思い描いた旋回ラインをトレースできるか
⑧左右の切り返し時の感じ

⑦私のフィーリングにはバッチリ合う感じ。CBR600Fと比較しても、こういうシチュエーションでの旋回性能は遜色ないです。
⑧意外にもこれが良かった。そりゃ絶対的な重さはあります。だからCBR600Fより軽快だとは言いませんが、重心がCBR600Fより低いせいか「重い車体が軽快に動く」という、“なんか凄いぞコレ!”的な動きをします、VFR1200Fは。

街中の込み入った道を走るときのポイントは・・・
⑨ギア比(ファイナルのショート・ロング、ギアの速度域)
⑩ライポジ

⑨ギア比はロングです。私のCBR600Fは、国内仕様からさらにリアで一丁ロングに設定してます。それよりもずっとロングです。軽くアクセルをあけて3000回転ぐらい回して走りたいとき、込み入った街路では、二速だと速度がのりすぎるので一速が使いたくなります。法定60kmの道では四速だとちょっと速度が上がりすぎる感じがして、三速を使ってました。

試乗車で転けたくなかったので、エンストしないよう回し気味で乗ったので、都内を走る今回の試乗では六速に入れられませんでした。五速も60km~70kmの速度域では回転がかなり下がります。
逆に言うと、六速でだら~っと60km巡航なんてできるように慣れれば、トルク任せのエコランで、燃費をそうとうよくすることができそうな気がします。

⑩ライポジは、スペーサーで13mmハンドルを上げたCBR600Fより、さらにバー1本(1.5本)分上げたぐらいでした。・・・大磯の試乗会では結構ハンドル位置が高いように思えましたが、そうでもなかったです。
緩やかとはいえ「前傾」しているのは確かで、「交差点の合流とかで、首を回して後ろを振り向くことは苦手」なライポジですね。街乗りで使うことには向いていないと思いました。

全体的なことでチェックしたポイントは・・・
⑪シートの座り心地

⑪これが意外だったのですが、シートの座り心地がイマイチ。高価なカスタムシートを入れているCBR600Fと比較するのもかわいそうですが、シートの座り心地に満足できません。もしVFR1200Fを購入するのなら、ハイシートを試すかカスタムシートへの交換を考えたくなりました。
座面が広いのですが、足つきを確保するため、座面の前方を絞り込んでいるせいか、前寄りに座ると、お尻を支える座面面積が狭くて、お尻の収まりが悪いです。腰をぐっと引いて後ろ寄りに座ると快適なのですが、街乗りでは前側に座りたいので・・・

以上
都内街乗りでのVFR1200Fインプレでした。

結論
MT仕様なら買い替え無し。DCT仕様待ちです。
乗り味とか、私の求めているツボ(=今のCBR600Fで80%ぐらい実現)は、かなりの部分で備えています。大磯で感じたことは間違いなかったですね。ただ、MT仕様が私に与えてくれる感動というか満足感は、排気量からくるトルク感や所有感を除くと、CBR600Fでも十分だな、と思えました。

DCT仕様のツアラー・オートマ革命?が、走りをどう変えてくれるのか、それを楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (8)

2010年4月 4日 (日)

VFR1200F MT版 試乗インプレ いいよ、コレ!d(⌒ー⌒) !

Rimg2960

大磯ロングビーチで開催された、テストライドフェスタへ行ってきたですよ!

もちろん、目当ては・・・コイツです!

Rimg2952

VFR1200F!

こいつが果たして、私のお眼鏡に叶うバイクなのかどうか?
大磯ロングビーチの、ちょい広めの体験コースで、走りの味付けとか操作感見極めてきました。

・・・うわぁ~上から目線だ!σ(^◇^;)・・・

Rimg2959

ライポジは1200ccとしてはコンパクトに感じます。VFR800と変わらないんじゃないですか。
CB1300STと比べても、一回り小さい印象。足つきはCB1300STよりも、ずっと良好です。
写真に写っている人は私ではありませんが、自分と似たような背格好の人が跨った様子。

重心が低い。CB1300と比べると顕著。CB1300は重心が高くて、立ちゴケの不安を感じるんですが、VFR1200Fは安定感があります。

この重心の差は、エンジンなんでしょうかね。
DOHCとユニカムSOHCの違い・・・

自分のCBR600と比べても、取り回し時はVFR1200Fのほうが重心の低さが幸いして、ふらつきが少なく安心して取り回せるように思えました。
もちろん、車重そのものはVFR1200Fのほうが、ずっと重いんですけどね。

試乗はオーバルコースにゆるいS字を一箇所設けたコースを2周。

走り出しての第一印象は“BMW F800”に似ているということ。
エンジンのボア×ストロークがツアラーよりになったので、いい意味で吹け上がりが穏やかです。

ゆるいS字では、視線移動とステップワークに車体がちゃんとついてきてくれます。ここもF800的な感じです。するどく曲がる感じはないけれどね。

これ、いいんじゃなーい!
b( ̄∇ ̄o)

こっちの曲がりたい要求に応えてくれる時の、さじ加減が私の好みに、めっちゃ合っています。

1周目の半分も走らないうちに、買って間違いなし!と思っちゃいました。

そしてエアマネジメント、これが後から思うとよくできていました。
風をキレイに整流して後ろに流しているせいか「風切り音が静か」なんですよ。
この後でCB1300STに試乗した時は、風切り音がかなり耳障りでした。

加速性能は排気量相応の迫力。ストレートが短かったので、上まで回したときにどうなるかまでは、ちょっと分からず。
加速中はV4らしいエンジンのパルスを感じられます。

正直言って、今の自分が求めている乗り味を、ここまで備えてくれているとは予想していなかった分、すごく物欲を刺激された試乗でしたね!!!
“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪

6月のDCT仕様の登場が、すごく楽しみです。

もう一つの候補、ムルティストラーダ1200Sも6月には試乗できると思いますが・・・さて、どうなんだろうか。
(^^;)

~~試乗会の様子についても紹介しましょう~~

試乗会会場は、大磯ロングビーチの駐車場をめいっぱい使用しています。サッカーコートを2面は確保できそうなほど。

Rimg2970

お台場での試乗会が雨だったこともあるんでしょうか、この日は曇り空にもかかわらず、こんなにバイクが集まってました。

人気はCB1100とVFR1200に集中。CB1100は8台、VFR1200Fは6台、用意されてました。他の継続車種は1~2台ずつ、VT1300CXは3台でしたので、上位2機種の人気のほどがうかがえます。

感心したのが、WEBで事前予約すると「入場料が無料」になること。当日申し込みだと500円取られます。

・・・だったら、みんな事前予約しますよね、当然。

このWEB事前予約に実は仕掛けがしてあって、WEB予約時に「試乗希望車種」を必須で選ばせるんですよ。

その予約状況から、用意する試乗車の数と割合を算出していたのではないかな。

試乗の列を見ていると、ごく一部の不人気車種(CB223Sとか[笑])以外は、比較的バランスよく、試乗の列ができていたように思えます。

というか、そういう事前調査でもしない限り、単一車種に8台・6台もの試乗車を用意する決断なんて下せないと思うんですよね~
( ̄~ ̄;)ゞ

会場には試乗開始の1時間20分前、受付開始の40分前に到着!
えぇ、むっちゃ気合い入れて行ってきました。できれば2回乗ってやろうと!
( ̄‥ ̄)=3フンッ

しかしそれでも、私の前には15人くらい既にならんでましたが・・・(汗)

.

・・・そして、試乗開始から2時間後・・・

.

この日試乗できたのは、VFR1200F・VT1300CX・CB1300STの計3車種。

Rimg2965

試乗会は大盛況で、開場から2時間後、試乗受付は満員御礼(受付終了)の札がご覧の通り。

ちょっと乗り足りない・物足りない。
( ̄~ ̄;)ゞ

でも、ここでの試乗はこれ以上無理っぽかった(午後遅くまで待たなければダメ)ので、場所を移して、もう一回VFR1200Fに乗ることに・・・

Rimg2972

で、やってきました。
ドリーム練馬。

先週からここでVFR1200Fの試乗をやっているのです。

(大磯の)クローズドコースでの試乗の後は、ここでロードの乗り味を試してみようという魂胆です!
σ( ̄。 ̄)フッフッフ

Rimg2978

おぉお~
試乗車がいっぱい。
さて、じゃあ試乗を申し込むとするかな~

「お願いしまーす、VFR1200Fを試乗したいのですが!」

“あーすいません。当店のVFR1200Fは『大磯』の試乗会に貸し出しておりまして、申し訳ありません”

“え、大磯?”
(○'ω'○)?

Rimg2956

↑大磯
(´,_ゝ`)プッ

Rimg2976

くやしかったので、ドリーム練馬のすぐ裏で、お花見。
(*´∀人)

| | コメント (4)

2010年4月 1日 (木)

手に入れちゃいました・・・

Vfr1200fmanyual

迷いに迷った末、とうとう手にしてしまいました。
d(⌒ー⌒) !!

・・・

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

えへへ~
実は、コレ、HONDAのホームページで手に入れたPDFマニュアルだったりしま~す。

だって今日は4/1ですも~ん
(((*´ε` *)(* ´З`*)))

| | コメント (2)

2010年3月20日 (土)

パンフレットをもらってきました VFR1200F

Rimg2931

いただいてきました。VFR1200Fのパンフレット。

Rimg2928

マニュアルミッション版のものですけどね。

Rimg2930

気になるDCT仕様は、6月の予定だそうな。

ドリームの練馬に飾ってあった、白のVFR1200Fは、次週に試乗車として乗れるようになるそうな・・・行って来ようかな。
d(⌒ー⌒)

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

VFR1200F プロモムービー?

VFR1200Fのプロモムービーのようです。
日本のサイトには無かったので、海外用かな。

跨っている人の体格が分からないけど、セパハンの割には、意外とポジションが前傾していない。

この週末のお台場試乗会はあいにくの雨・寒さ。ちょっと出かけるのを躊躇してしまった。
( ̄~ ̄;)ゞ

販売店での試乗機会を楽しみに待とうかな。

| | コメント (0)

2010年3月 6日 (土)

いよいよ登場したVFR1200F ~DCT仕様の発売は、まだ?

2

新・相棒の候補のひとつ、VFR1200Fの発売が始まりました。

>>HONDA VFR1200Fの公式サイト

登場したのはMT仕様です。私が注目しているDCT(デュアルクラッチトランスミッション)仕様のアナウンスは、まだないようです。

・・・ん~、このタイミングでアナウンスが無いのはナゼ?

DCT仕様の発売は、だいぶ先になるのか?
マダァ-? (・∀・ )

プライスも、まずまず自分が予想していた価格に近いところで、発表されてきました。
これでDCT仕様が、どうなるかに注目ですね~

バイクは買って飾っておくわけじゃない!( ̄▽ ̄)
ツーリングやカスタムに回せる分の費用・・・家庭持ちの方的な表現にするなら「お小遣い」・・・を考えれば、本体価格がお得なことは無視できません~

| | コメント (0)