カテゴリー「携帯・デジカメ」の9件の記事

2006年1月 9日 (月)

物足りない点/SA700iS 検証no.8

書いていくと際限ないんですが、実用上、物足りないと思っている部分を列挙してみたいと思います。

1,GPSの感度がいま一つ。
→曇り空や木陰など、ちょっとした障害があるだけで「衛星を受信できない」ことの多いこと。

2,衛星をロストした後の、復旧設定が欲しい。
→一定時間衛星を補足できないと、GPSが休止します。ここから復旧させるのに、手動で操作しないといけません。GPSを動作させっぱなしにしたいとき不便。

3,ナビ案内モードが「徒歩」モードのときだけ。
→自動車モードの時にも、ナビ案内機能やリルート機能があって欲しかった。

4,電話番号などで目的地を検索した後の結果画面で「目的地の住所」をコピペできない。
→電話帳にせっかくワンタッチで目的地を登録できるのであれば、住所も引用したい。

「1,2,」 GPSとして見た時に「感度が悪いこと&復旧設定が存在しない」という2点は、要改善希望したい部分です。利便性を相乗効果で悪化させてる要因( ̄^ ̄;)笑えな~い

「3,」 自動車モードでリルート機能があるだけで、ぐっとナビらしくなると思います。自動車モードでは、現状はGPS+αですからね。

「4,」 ナビ機能で検索した目的地を電話帳に登録するときに、住所も入れたいのですが、表示されている住所情報がコピーできないんですね。住所は打ち込む文字数も多い内容なので、コピーできるとありがたいです。

p.s.
ケータイナビ、これはこれで便利だと思うんですよ。ハイキングやマラソン、自転車などで使う分には十分な機能がありますし、「ケータイだけ持っていれば済む」というのは、ハンディナビを使う人と比べて、持ち運ぶ手荷物が減らせる利点があります。

ただし、バイクに積載してツーリングで使うとなると、もう一歩頑張ってほしい。というのも正直なところでして。
だからなのか、「より使いやすいナビ」が欲しい~。という物欲が芽生えて困ってます( ̄▽ ̄;)

純正ナビの特売がないかな?ヤフオクに安価で出てないかな?・・・あるいは、同じ価格で純正ナビ以上の機能のナビがあるかな?(純正ナビに不満なのは、機能の割に値段が高すぎるのでは?という部分)

・・・あ~、でもその内、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、純正ナビ買ってしまうかも~ヾ(-.-i)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

ナビ@ケータイである利点/SA700iS 検証no.7

今後ツーリングで使うことを視野に入れて、充電池パックをもう一つ購入することに。

ドコモのHPでケータイ用のアクセサリー一覧を見ているときに気付きました!!

ケータイdeナビの最大の魅力は、その莫大な普及数をバックボーンとした、アクセサリー類(純正&社外製)の低価格なのではないかと。

IMG_4659 なんと
SA700iS用充電池パック
1個 1400円
“ 安っ!”( ̄▽ ̄;)

思わず“もう一つ買おうかな、、”なんて。

携帯の電池パックって「値段が高い(だろう)」という、先入観を(誤解ともいう)持っていたのですが、、、、
コンビニで売っている携帯用の電池式充電器が1000円前後(物によっては使い切り)であることを考えると、、、、電池パックを追加で買って予備として持ち歩いた方が経済的?!( ̄□ ̄;)

この用法の欠点
携帯本体が充電器代わりになっているので、予備の電池パックの充電が、携帯を持ち出している間はできないこと。

※電池パックの値段が高い! と思いこんでいた理由。

充電池の保ちに不満があるのであれば、、、複数持てばいいのでは?
という問いに「だって、充電池は高いからさぁ・・・・」と返事する会話に事欠かないのが、モバイルツールのお約束なんですが、、、

SA700iSの電池パック(バッテリー)は「リチウムイオン」形式で、これはノートパソコン・デジカメなどの、持ち運びができるコンピュータ系ツールで、たいてい使われている代物です。

リチウムイオン充電池は比較的高価な代物で、自分の使っているノートパソコン用で1個20000円強、デジカメ(200万画素のお古)用でも、5000円ぐらいします・・・・<<<このことがあったので「高価」であるとの先入観ができてしまったのだと思います。

p.s.
私のデジカメ用(市価5000円弱)とSA700iS用(市価1500円弱)の仕様を気になって比較してみたら、ほぼ同じ(3.7V/840mAhと3.7V/830mAh)Σ( ̄□ ̄;)
似たような性能なのに、価格差が3倍近くあるなんて、、、あらためて驚嘆( ̄^ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

連続稼働可能時間/SA700iS 検証no.6

新潟→東京
帰省の帰り道で、ケータイナビ@SA700iSの連続稼働可能時間をチェックしてみました。
※ナビ稼働中の地図は、最も縮尺の大きい広域地図(1/333000)を選択。

結論から言うと
連続稼働可能時間は「約3時間」でした。
丸一日、稼働させながら、走行する。というのは難しいかもしれませんね、これだと。

巷のコンビニとかで売っている、単3電池を2本使う携帯充電器も試してみました。

携帯充電器(アルカリ乾電池2本使用)で、約1時間分くらいの充電が出来ました。 

つまり、SA700iSをフル充電するためには、アルカリ乾電池が6本必要という感じです( ̄◇ ̄;)

本体付属の充電池って性能いいんだ。。。乾電池2本よりも体積的に小さいのに、その3倍も発電力があるなんて。。。

DATA
行程   約300km
パケット 約5100

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

地図縮尺によるパケット量の変化/SA700iS 検証no.5

サンプルモデルルート
石神井公園→神宮外苑

移動距離
約20km

テストケースでの地図種類
A,地図/広域2(1/250000)
B,地図/詳細1(1/20000)

テスト結果
A,1/250000(広域2)に地図を固定してルート案内
→584パケット[29パケット/km]

B,1/20000(詳細1)に地図を固定してルート案内
→1236パケット[62パケット/km]

地図のそのものの細かさ(同ピクセル寸法画像の容量※)の違い
実移動距離に対する必要な地図画像枚数の違い(地図が細かいほど、移動距離全体を表示するための地図必要枚数が増える)、
これらの要素が通信パケットl量に大きく響いていることが、改めて実証できたといってよいかと思います。。

※画像の細かさの違いについては、こちらの記事内の写真で雰囲気をつかんでみて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 6日 (火)

陽の下で。闇の中で。/SA700iS 検証no.4

屋外でナビの液晶画面を見ると、日射しによっては全く見えない。と、Mio168を使うmasakazuさんが言ってました。

SA700iSでも、同様のことは十分に考えられたので、バイク積載準備が完了した今、さっそく検証してみることにしてみました。

IMG_4541 朝9:00頃の日射しの下での見え方です。

写真で見るナビの液晶画面は真っ暗。( ̄^ ̄;)

でも
ナビの電源は「ON」です
バックライトも点灯させてます。

顔を液晶画面に近づけると、一応地図は読みとれました。

IMG_4544 夜21:00頃のナビの液晶画面の見え方です。

ナビのバックライト設定は朝と一緒です。
まったく問題なく地図を読めました。

周囲の明るさに、見やすさがそうとう影響されるというのがよく分かります。
日中の強い日射しの下で地図を読みとるのは容易とはいいにくいですね。

バックライトを強くすればいいのかもしれませんが、あいにくとバッテリー駆動のためか、バックライトを強くするオプションはありませんでした。

HONDAの純正ナビなど、電源供給があり、バックライトの強さを可変させやすいナビの場合、この日中の日射しの下での視認性問題について、クリアしているのでしょうかね。気になるところです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

地図の縮尺・他/SA700iS 検証no.3

ナビをしてもらう時に、画面に表示される「地図」。これの縮尺に注目してみました。
※ナビモードに話を絞ってあります。

提供されている地図の縮尺は「広域 1/250000」「中域 1/100000」「詳細 1/20000」「市街図 1/10000」。それぞれの縮尺で、若干拡大縮小して、名称等を見やすくした倍率も用意されてます(縮尺4種類/表示設定9モード)

画面を見た感じ

IMG_4552 「広域 1/250000」





IMG_4553 「中域 1/100000」





IMG_4554 「詳細 1/20000」





IMG_4558 「市街図 1/10000」





記録メディアの容量に縛られない、多様な縮尺の地図提供があるのは、携帯SA700iSならではの魅力かな(通信パケット料金の支払いコストは問題ですが)。

HONDAの純正ナビMio168RSなど、記憶メディアに地図を格納するタイプでは、現在のところ、その辺の使い勝手がイマイチ。(但し、数年でこの課題に関しては、記憶メディアの容量進歩により、地図を格納するタイプでも解決されてしまうでしょう)

※最初から使える、GPSを利用したサービスには、2種類あります。
○ナビモード  SA700iSの標準サービス(提供/NAVITIME JAPAN)
●位置サイト[現在地表示]  GPS搭載のDOCOMO端末共通?サービス(提供/DOCOMO&ゼンリン)

ナビモードでは、いまのところ、他のiアプリによるサービス提供が無く、標準搭載のものしか選択肢がないようです。
位置サイト[現在地表示(地図機能)]は、iアプリとして有料公開されている「iMAPFAN」や「地図iマピオン」などをインストールして、より便利な機能を利用できるみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

バイクへの積載/SA700iS 検証no.2

バイクへのナビの積載としてメジャーな方法は
「タンクバッグに入れて使う」
「ハンドルポスト近辺にアタッチメントで積載する」

これらの方法は、取付の簡便性を考えると合理的なのですが、「タンクバッグ」に入れると完全に真下を向くような姿勢で画面を見ることになりますし、「ハンドルポスト近辺の積載」でも、スピードメーター等よりかは、更に顔を下に向けることになります

顔を下に向けることで、前方確認がおろそかになる瞬間があるのは、ちょっと怖くないですか。なので、スピードメーターと同程度かそれよりも高い位置にナビ画面がくるようにしたいなぁと、なるべくナビケータイが高い位置にくるよう、積載することにしてみました。

3 1.0.
元からあるスクリーンに穴をあけ、携帯ホルダーの基部となる金具を固定。
基部となるL字金具+ネジ等は、ホームセンターにて購入

1 2.0.
携帯ホルダーを右のように設置。携帯ホルダーは「MOTO FIZZ」製。

4 2.1.
乗車位置から見た、携帯ホルダーの積載位置。

6 3.0.
携帯を携帯ホルダーに収めた状態。

5 3.1.
乗車位置から見た、携帯の積載状態。
ナビ画面の位置をかなり高いところにもってきてあります。
ふだんの走行中、前を見た姿勢で、視野の左下ぐらいにナビ画面が見えました。
視線移動だけで十分現在位置の確認ができます。

取り付けてみて、思った以上の出来映えに( ̄▽ ̄;)うれしくなり、とりたてて用もないのに、ナビ動作検証もかねて、バイク屋までひとっ走りしてしまいました。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

ナビ稼働時のランニングコスト/SA700iS 検証no.1

FOMA_SA700iS のナビ機能そのものは「無料」で利用できます
iアプリや留守電機能のような、月々の追加費用(iモード情報料)一切かかりません。
他のケータイと比べて、極端に高価なわけでもないので、事実上、ナビ機能に関しては、タダで導入が出来ると考えてよいと思います。

ですが、FOMA_SA700iS でナビを稼働させていると「稼働状況(時間&更新データ量)に応じたパケット通信料金が発生」します。
これは、地図データを携帯内に格納せず、ユーザーの移動状況に合わせて、随時ホストサーバー(iモード経由)より地図をダウンロードしてくるためです。(パイオニアのAirNaviに近い形式)

となると、稼働状況において、どれくらいのパケット通信が発生するのか?
そのランニングコストが気になるところです。
そこで、この間の日曜日に、さっそくその辺りを実験してみました。( ̄▽ ̄;)

●移動範囲
練馬区大泉近郊←→埼玉県入間市(往復約100km弱の移動)
●移動手段
オートバイ
●地図縮尺(広域にしていたほうが、地図更新頻度は低い)
随時変更してました(^^;)・・・このへんは次回以降、細かく検証してみます。
●稼働時間
往復約2時間
●パケット通信量
約5100パケット※
※ごく若干ですが、文字メールのやり取り含む。情報量からして誤差の範囲。

11_20 右の写真の「FOMA iモード通信料」は、ほぼ上記の実験分のパケット通信量です。

ざっくり考えて、2時間の稼働で約5000パケットになるわけです。8時間同じペースで移動しつつ稼働させると丸1日で約20000パケット。Σ( ̄□ ̄;)
FOMAのパケット料金設定は通常「0.2円/1パケット」。
丸1日で1000円のランニングコストになるわけです。。。。高い m(__;)m

FOMAには「パケットパック」「パケホーダイ」なる、パケット特典付きの割引プランがあるので、ナビを比較的常用するようであれば、申し込みは必須かもしれません。

手元の「ご利用ガイドブック」によれば、
パケット利用量に合わせて、以下のプランを申し込むことが薦められています。

パケット量   プラン名      月固定費  パケット単価
~5000     プランなし             0.2円
5000~30000  パケットパック10 月/1000円  0.1円
30000~78000  パケットパック30 月/3000円  0.05円
78000~     パケホーダイ    月/3900円  ――

泊まりがけの旅行などで、終日フル稼働させるようであれば、パケット30には少なくとも加入しておいたほうが、よさそうです。※加入し忘れて、2日間で40000パケットとか使っちゃうと8000円ですからねぇ、、怖っ!!ヾ(-.-i)

ベタでプランを申し込んでいるとなると、、、3000円x12ヶ月、、年額36000円の追加出費。
う~む。( ̄^ ̄;)

安いポータブルナビと比較すると、判断に迷う出費です。
HDD系の高価なナビよりかは、格段に安いですけれど。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

GPSナビ携帯 SA700iS

バイク用のナビを検討してました。
これまで導入候補に上がったのは、、

HONDAのギャザズM
本命 でも高価・純粋にナビとしてはスペック的に古く見劣りする

Mio168RS
対抗 比較的安価・専用品でないので「帯に短し襷(たすき)に長し」の機能

そこへ、大外から意外な候補が飛び込んできました!

FOMA SA700iS
IMG_4524 昨日買ってしまいました( ̄▽ ̄;)

現行DOCOMO端末では唯一のGPS“ナビ”搭載ケータイ。
発売されたばかりですし、、どちらかというと人気のないメーカー。ナビだってね、そんなに使う人もいないだろうから、ユーザーレベルのレポもまだ見あたらないようなんですが、、思い切ってみました。

IMG_4522 それまで使っていた3~4年前購入のSO211iのバッテリー回りの動作が怪しくなってきていて(充電が満足に出来ない)、至急の買い換えを迫られていた。という事情もあったからなんですけどね。

・・・というか、この事情があって、番号替えたくなかったからDOCOMOで、そしてナビ付きのものがあったから、、、というのが購入した理由なんですけどね( ̄◇ ̄;)

IMG_4550 サンヨーの分かりにくい説明書と格闘していますが、ぼちぼち使用感などをレビューして行きたいと思います。バイクへの積載などについても。

サンヨーへの提言( ̄^ ̄;)
クイックマニュアルが無いのはどーして?。
百歩譲っても、マニュアル内に、電話かける・メールする・キー音,着信音関係調整だけをまとめたコーナーを設けてよ。

ハッキリ言って、、マニュアルが分かりにくいです。
機能満載なんだから、基本機能だけあれば良い人、色々やりたい人、それぞれに向けたマニュアルを小分けにして入れようよ。

家電メーカーとして、マイナーなんだな~サンヨーって。ということがこういうところから透けて見えます。松下や日立を見習って~

| | コメント (8) | トラックバック (0)