« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の3件の記事

2011年6月18日 (土)

カムチェーンテンショナーリフター交換で異音が収まる

カムチェーンまわりから発生していた異音の解消のため、カムチェーンテンショナーリフターの交換を依頼。
そして今日、一週間ぶりにバイクを引き取ってきました。

カムチェーンテンショナーリフターの交換は無事完了。バイク屋からの帰り道、走らせながら確認をしてみました。
交換前に4000回転あたりから発生していた“ギャギャギャ”という異音は、交換後キレイさっぱり無くなりました。
至って快適に♪φ( ̄∇ ̄)b

Rimg4397

取り外した古いカムチェーンテンショナーリフターがコレ。
テンショナーリフターを交換することで異音が収まったので、異音の原因はカムチェーンのたるみを抑える、テンショナーリフターのバネの力が弱まっていたせいなのだろうと思います。

Rimg4398

こんな感じに、バーの部分がバネの力で伸縮する構造。このバーの先端がカムチェーンのたるみを抑える役目をします。カムチェーンがたるんでいると、エンジンケース内でバタツキ、ケース内部に接触したり、カムからチェーンが外れたりするとか・・・

もうひとつ、
カムチェーンテンショナーリフター交換の過程で見つかった、サーモスタット周囲からの冷却水漏れ。こっちも修理は一応完了。バイク屋から乗って帰ってくる間では、エンジン右側面に新たな漏れ跡は無し。
とはいっても、今日はちょっとしか乗っていないので、しばらく走らせて再発しないかどうか様子はみないとね。

Rimg4399

取り外したサーモスタット。円状の部分の縁の黒いゴムパッキンが劣化していたようで、ここから水漏れしていたとか。まぁ、熱の厳しい部分に使われているゴム部品を、10年も無交換でしたからねぇ。

・・・・

■DATA
作業は都内の夢店にて。

\33,075  工賃
\  3,850   テンショナーリフター
\    140   ガスケット・テンショナー
\  3,097   サーモスタットASSY
\    304   ラバー・サーモスタット
\    220   ガスケット・サーモスタット
\  1,428   ホース・ファーストアイドルバル
\  2,730   ラジエータークーラント

\44,844   修理代合計 (・ω・;)

バイク屋から乗って帰って来るときに、雨が降り始めてしまったので、修理後の写真は無し。後日追加する予定。

Rimg4400

→写真追加しました。右側面からの冷却水漏れは収まっています。

| | コメント (0)

2011年6月12日 (日)

CBR600F 冷却水が、ダダ漏れ~φ(T◇T )

Rimg4355

テンショナーリフターの交換のため、カウルを取り外してみたところ・・・

Rimg4356

左側は問題なし・・・、ヘッドからのオイル滲みもなし。

Rimg4358

右側・・・、はっ!?(ΘoΘ;)なんじゃこりゃ。

Rimg4369

液体がドバーッと、エンジンの右側面を流れた跡が。
しかも、滲みというレベルじゃありません。カウルに隠れて見えない部分だったのですが、まさかこんなになっているとは!!
φ(゚-゚ ;)ゞ

メカニックさん曰く、“冷却水がどこかからもれてますね、これ”

Rimg4360

脇からでは、どこから漏れているのか不明。
φ(・・;)

Rimg4380

スロットルボディの上から見ただけでは、わからないので・・・、

Rimg4389

スロットルボディを取り外してみると・・・

Rimg4390

サーモスタットのあたりから、なにやら液体が漏れ出たような跡が。
φ(+o+;)

Rimg4394

ラジエーターのリザーブタンクが、すっからかんだったので、このサーモスタット周辺から液漏れしている可能性が高いそうです。

・・・

一端お持ち帰りすることも考えましたが、こんな状態では、ねぇ。
そのままバイクは預けてきました。
φ(^_^;)

来週末は最後の高速1000円デー。それまでには修理が終わって戻ってくるといいのですが・・・さて、いかに。

| | コメント (7)

2011年6月11日 (土)

CBR600F カムチェーンテンショナーリフターの交換

CBR600F(600F4i含む)の持病?として、発売まもなくの頃には、結構ネット上で話題になったカムチェーンのガラガラ音。

走行距離が1万km以上になると、徐々に症状がでてくるようです。
私の600Fの場合、4000回転まで回すと、エンジン周りから、かなり耳障りな音が出てきます。

一度テンショナーリフターを交換したらガラガラ音は収まったのですが、その後再発。
(; ̄_ ̄)=3
またかと思い放置していたんですよ。経過を観察しながら乗りつづけてみて、音が五月蠅いだけで、特にそれ以上の不具合がでてくる気配もなかったので。
でも、先日他の人に乗ってもらった時に、端からその耳障りな音を聞いてみたら・・・、結構気になってしまったので、今回二度目のテンショナーリフターの交換をすることに。

Rimg4344

テンショナーリフターは、こんな部品。

Rimg4345

サービスマニュアル読むまでは、何の役目をする部品か、正直よく判りませんでした。

Rimg4342

品番が4回ぐらいマイチェンされているので、リフター関連の問題は結構あったんでしょうね~。

Rimg4389_2

この部品はエンジンの右側面、フレームに隠れて外側からは見えない位置、スロットルボディ(写真でメカニックの人が持っている部品)を外した、その下についています。

Rimg4391

エンジンの右側ですね。
最初は自分でできるかな?と思ってましたが、無理でした。
φ(^_^;)

・・・

ここまできたら、あとは交換しておしまい・・・のはずだったんですが・・・

.

つづく

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »