« 梅雨入り・・・orz | トップページ | CBR600F 冷却水が、ダダ漏れ~φ(T◇T ) »

2011年6月11日 (土)

CBR600F カムチェーンテンショナーリフターの交換

CBR600F(600F4i含む)の持病?として、発売まもなくの頃には、結構ネット上で話題になったカムチェーンのガラガラ音。

走行距離が1万km以上になると、徐々に症状がでてくるようです。
私の600Fの場合、4000回転まで回すと、エンジン周りから、かなり耳障りな音が出てきます。

一度テンショナーリフターを交換したらガラガラ音は収まったのですが、その後再発。
(; ̄_ ̄)=3
またかと思い放置していたんですよ。経過を観察しながら乗りつづけてみて、音が五月蠅いだけで、特にそれ以上の不具合がでてくる気配もなかったので。
でも、先日他の人に乗ってもらった時に、端からその耳障りな音を聞いてみたら・・・、結構気になってしまったので、今回二度目のテンショナーリフターの交換をすることに。

Rimg4344

テンショナーリフターは、こんな部品。

Rimg4345

サービスマニュアル読むまでは、何の役目をする部品か、正直よく判りませんでした。

Rimg4342

品番が4回ぐらいマイチェンされているので、リフター関連の問題は結構あったんでしょうね~。

Rimg4389_2

この部品はエンジンの右側面、フレームに隠れて外側からは見えない位置、スロットルボディ(写真でメカニックの人が持っている部品)を外した、その下についています。

Rimg4391

エンジンの右側ですね。
最初は自分でできるかな?と思ってましたが、無理でした。
φ(^_^;)

・・・

ここまできたら、あとは交換しておしまい・・・のはずだったんですが・・・

.

つづく

|

« 梅雨入り・・・orz | トップページ | CBR600F 冷却水が、ダダ漏れ~φ(T◇T ) »

CBR600F」カテゴリの記事

整備・カスタム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅雨入り・・・orz | トップページ | CBR600F 冷却水が、ダダ漏れ~φ(T◇T ) »