« ムルティストラーダ1200 S 試乗してきました。 | トップページ | あと1ヶ月で登場 VFR1200F DCT仕様 7/29発売 »

2010年6月20日 (日)

ムルティストラーダ1200 S またまた試乗。( ̄∇ ̄*)ゞ

雨予報だった日曜日、曇り空だけど、雨は降ることなく・・・

昨日今日と催されていた、コレに行ってきました。

ムルティストラーダ1200 デビューフェア

こんどの試乗車は“レッド”。
色の人気は、赤6割・白4割・黒1割以下、だそうです。

ん~なんだかんだいっても、DUCATIのイメージカラー“レッド”強いですねぇ。

今回乗った試乗車には、日本仕様のローシートが装着されていました。
今回も足つきの様子を写真に撮ってもらったので、せっかくだから前回の試乗の時に撮った写真と比べてみましょう。

モデルは身長172cmの、純日本人こと・・・私。σ(^◇^;)

『足つき比較 シート高850mm(海外仕様) vs 825mm(日本仕様)』

Rimg3196

↑標準シート・シート高850mm(海外仕様)
.

Rimg3209

↑ローシート・シート高825mm(日本仕様)

どちらの写真も、両足を着いた状態のものです。

◆ここに注目!
膝の曲がり
ハンドルを握る腕(手)と、肩の位置

どちらのシートでも、両足を着こうとすると、つま先立ちになるのは変わりませんでした。ただ、その時の“余裕の差”は明確でした。腿と膝の角度に注目してみてください。

海外仕様の場合、もう足に余裕がありません。

日本仕様の場合、つま先立ちながらも、まだ膝に余裕があるので、足を着く地面が多少陥没していても、なんとかできそうです。

もうひとつ、
日本仕様のローシートの場合、ハンドルを握る腕の角度がより水平に近くなり、手と肩の高さの差が少なくなってハンドルを握る腕に余裕ができたのも、見逃せません。
先週乗った海外仕様の時には「ハンドルをもう少し狭くしたい」と思ったのですが、今回はそんなことを感じることもなく。

Rimg3211

こちらの写真は、右足をステップにおいて、ちょっとだけ腰をずらし、左足を踵まで着いたもの。腰をほんのちょっとずらすだけで、ベタ足の足つきが確保できました。

~コーヒーブレイク~
この比較をやろうと思ったので、服装をわざと同じにして試乗に行ってみたのですよ。
(*´∀人)

この日は、貴重な場面を目にすることができました。それは・・・

ムルティストラーダ1200 立ちゴケ! ・・・試乗車を倒してしまった方、ご愁傷様です(-人-)

なんと言っても、部品代の高い外車。うっかり、立ちゴケした場合に、どこにダメージがくるかは、誰もが興味のあるところでは?

立ちゴケの向きは、左側・・・マフラーと反対側でした。倒れてしまった試乗車を見た感じ、傷が入っているのが判ったのは・・・

ミラーに擦り傷
ハンドルガードの端に擦り傷
ステップ折れ
・・・←ただ、これは倒れた場所が縁石の上だったから、当たり方が悪かっただけかも。可倒式のステップですので。
シフトレバー曲がり

あと多分ですが、タンデムステップにももしかすると傷が入っていたかもしれません。

ポイント高いなぁと思ったのは、立ちゴケで『カウルが無傷』だったこと。b( ̄∇ ̄o)
倒れたときに、幅広のハンドルが支えになって、カウルへの傷つきを防いでくれたみたいです。※ここで気がつきましたが、リヤカウルに傷が入っていたかは未確認です。

Rimg3207

左に立ちゴケした試乗車の左カウル。傷一つありません。

サイドパニア取付時の幅
これは、かなりありましたねぇ。まぁパニア取付時の写真は公式サイトでいっぱい公開されているので、ある程度は予想してましたが。

Rimg3218

サイドパニア両方付けての渋滞のすり抜けは、かなり気を遣うでしょうね。私なら、ふだんはトップケースのみ。サイドパニアは宿泊ツー専用にすると思います。

稀少な“ブラック”とご対面。
鮮やかなレッドやホワイトとは違い、この色だけ印象が異なります。塗装面と非塗装面の違いが目立たないせいでしょうか。

Rimg3213

購入するなら正直ブラックかな~と、思っていたカラーですが、実車を実際に見てみると・・・、ノーマルカラーのまま乗るなら“ホワイト”のほうが良く見えました。

センタースタンド と センタースタンド掛け用グリップ

Rimg3202

試乗車にセンスタが装着されていたので、センスタ掛けを試させてもらいました。センスタ掛け用のグリップ(写真)を握ってグイッと踏み込むと、車体が軽いこともあって、すんなりリフトアップ。

今回の試乗車にセンスタが装着されていたことで、気がついたことが一つ。

左足のつま先でステップを踏もうとすると・・・踵がセンスタに当たる。
( ̄~ ̄;)ゞ

土踏まずでステップを踏んでいれば問題ないんですが・・・、攻めようと足のポジションを変えようとすると気になると思います。

p.s.
今日はショップの営業担当様の売り込み攻勢が凄かったなぁ。“今日、ご注文いただければ、2週間でご用意できます!・・・ここを逃すとその後はわかりませんよ!”

て、うまいなぁ。(; ̄ー ̄A ・・

|

« ムルティストラーダ1200 S 試乗してきました。 | トップページ | あと1ヶ月で登場 VFR1200F DCT仕様 7/29発売 »

ムルティストラーダ1200_Multistrada1200」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
怒涛の試乗大会開催中ですね~
今以上にいい相棒が見つかるといいですね!
私もセロー25周年記念車の木柄にクラクラ来てます(^∇^)

ちなみにYAMAHAの新逆車「XT1200Z スーパーテネレ」って
射程範囲内ですか?
http://ameblo.jp/yspyokohamaminami/entry-10569159661.html

投稿: でーみ | 2010年6月21日 (月) 19時37分

■でーみさん
こんばんは~。

もう試乗しまくりです。この先は、VFRのDCT仕様、そして、このスーパーテネレも試乗してみたいですね~
( ̄∇ ̄*)ゞエヘ

ムルティもGS対抗馬といわれてますが、このスーパーテネレこそ、ガチのGS対抗馬ですね。シャフトドライブ、トラコン、F19インチタイヤ・・・などなど。


投稿: コーイチ | 2010年6月21日 (月) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ムルティストラーダ1200 S 試乗してきました。 | トップページ | あと1ヶ月で登場 VFR1200F DCT仕様 7/29発売 »