« VFR1200F DCT仕様 発売日は7月末!? | トップページ | ムルティストラーダ1200 S またまた試乗。( ̄∇ ̄*)ゞ »

2010年6月13日 (日)

ムルティストラーダ1200 S 試乗してきました。

来週から発売になる、ドゥカティ期待の新型・ムルティストラーダ1200

環八沿いのお店で、今週末から試乗ができるという情報を入手。

試乗にさっそく行ってきました!
d(⌒ー⌒)

現車はなかなかのボリューム感がありますが、BMWの1200GSやホンダのバラデロと比べれば、一回りコンパクト。ホンダのCB1300やトライアンフのタイガーよりも、気持ち小さいかな~、という感じです。CB1100よりかは大きいですよ。

CBR600Fよりは、もちろん大きいですが
(´,_ゝ`)プッ

Rimg3196

試乗車での足つきは、身長172cmで、こんな感じ。両足とも着いた状態で、これぐらい。
ただ、この試乗車に装着されているシートは「海外仕様=シート高850mm」です。国内仕様は25mm下がるそうなので、停止時の足つきはもっと変わるでしょう。

Rimg3197

前から見た感じ。
850mmのシートでこれぐらい足が着くのなら、海外仕様でもいいかも。
足を真っ直ぐ降ろしたところにステップがあるので、停車するとき、足はやや開き気味。

スクリーンは体感的に、かなり小さく感じます。
前から見ると、それなりの大きさがあるようにみえますが、跨ってみるとそうでもないです。

で、さっそく試乗させてもらいました。

エンジン音
新作とはいえ、素性はドゥカティ・スーパーバイクのエンジンですから、ドゥカティらしいガラガラ音は健在。排気音よりもエンジン音のほうが響きます。アイドリング中の音は、CBR600Fと比べたら・・・圧倒的にウルサイです。
(^_^;)

日本仕様
フルパワー仕様(イタリア本国仕様)と比べ、パワーが低い日本仕様。どんな調整をしているのか?
ショップの人に聞いたところによれば、日本の最高速度規制(180km)に適合させるため、回転数の上限をカットしているだけで、速度180kmまでのパワー・トルクカーブは、フルパワー仕様のママだそうです。
180kmの速度に達したときの、回転数で出ているパワーが102馬力・・・ということらしいです。

ライディングモード
ムルティストラーダ1200の最大の売り「ライディングモード」も試してきました。
エンジン特性+サスセッティング+トラクションコントロールを、連携させてセッティングできるのが特徴なわけです。 試乗コースは市街地。アーバンで走り出して、広い四車線路に出たところで、スポーツやツーリングの各モードを試してみました。
ムルティストラーダ1200に慣れていない状況でしたが、アグレッシブなスポーツとコンフォタブルなアーバンの各モードで、エンジンの吹け上がりとエンブレ、乗り心地の違いを感じることができました。

モードの切り替えも簡単で直感的、すぐに慣れました。ウインカーのキャンセルボタンが、モードセレクトボタンを兼ねているので、頭で考えようとすると混乱する気がしますが、乗って試せば、すぐ把握できると思います。

シート
海外仕様のシートのインプレです。座面は広く、ツーリング向けの造りです。
シート前側の絞り込みは、やや控えめ。足つきはVFR1200Fのほうが優れています。
その代わり、座り心地はムルティストラーダ1200のほうが良く、より長距離ツーリング向きです。シートは表皮一体型発泡ウレタンではありません。

エンジン特性
市街地試乗だったので、モード・アーバンをインプレします。
吹け上がりはマイルド、低速でもギクシャクしにくいです。・・・試乗車にはまだ車両保険が適用されていないので、エンスト立ちゴケだけはしないように気をつけていたのですが、思っていたよりも低速が使えます。
2000回転-3速でも、ふつーに走れました。やや苦しそうなエンジン音は出ますが。

エンジン特性だけを考えたとき、市街地での使い勝手をVFR1200と比べると、取っつきやすく乗りやすいのはVFR1200のほうですね。
マルチのVFR1200のほうが、細かい発進停止でも、なめらかにエンジンが吹けあがる分、2気筒のムルティストラーダ1200よりもアドバンテージがあります。

ライポジ
私の体格では全く前傾無し。短時間の試乗でしたが、ポジションで気になるのは、ハンドル幅がもう気持ち狭い方がいいかな?というぐらい。CBR600Fではつきものだった、首や肩・手首の痛みと無縁になりそう。
逆に、全体重が腰にかかるので、腰痛には気をつけた方がいいのかな?

操作感
軽いです。前後17インチということもあって、CBR600FやVFR1200Fを思わせるロードスポーツと同じコーナリング感覚。
コーナリングの俊敏さは、CBR600F>ムルティストラーダ1200>VFR1200 という感じですかね。このあたりの違いは、車重の違いとほぼ比例しているように感じます。

振動
2気筒ゆえに、それなりのゴツゴツした鼓動感はありますが、不快な振動はなかったように思えます。(こればっかりは、長時間乗らないと明言できませんが。)
要所にラバーマウントが使われているせいか、ハンドルぶれ、ステップにくる不快な振動、後方確認できないようなミラーの振動は、感じられなかったです。

・・・

人気と入荷状況
ホワイトのツーリングエディッションがダントツのようです。続いてレッド。最後がブラックだそうです。
入荷状況は、いまのところ予約注文されたもののみ国内に入荷済みで、まだ5台だけだとか。(6月12日現在) この後は予約注文された人の分が随時入ってくるそうです。いま注文した場合の納期は、未確認(^_^;)。ただ、何ヶ月待ちとかは言われなかったので、注文さえすれば、そこそこの期間で入ってくるのでは。
店頭在庫が置かれるようになり、見てから買えるようになるのは、年明けだとか?

所感
期待通りのおもしろさ、ツーリング適性を確認。
VFR1200FのDCT仕様を試してみて、そしてそれから改めて乗り換えを考えてみたいですね。
( ̄∇ ̄)ゞ

オマケ
幅広ハンドルのムルティストラーダ1200に乗った後、いまの愛車CBR600Fに乗ると、そのハンドル幅のギャップにビックリします。
「ムルティ=幅広いな~、CBR600=うぉ、狭っ!」

|

« VFR1200F DCT仕様 発売日は7月末!? | トップページ | ムルティストラーダ1200 S またまた試乗。( ̄∇ ̄*)ゞ »

ムルティストラーダ1200_Multistrada1200」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、

わたしも 検討しているので、大変参考になります。
意外と、メディアではシート高のインプレが少なかったので・・・
写真を見る限り 以前乗っていたトランザルプ600Vのシート高に近いような気がします。(当方171センチです)
情報ありがとうございました。

投稿: ハル | 2010年6月13日 (日) 23時09分

ハルさん

お役に立って幸いです。
(^^)

シート高のインプレ見ませんよね。
言われてみれば。

投稿: コーイチ | 2010年6月15日 (火) 07時33分

を~!
ついにムルティストラーダの試乗をされたんですね~!
これでF-X(次期戦闘機)候補のインプレが出そろいましたね~^^b

コーイチさんの試乗インプレはとても判りやすくて、
判りやすい分思いっきり煽られちゃって困ります(笑)
特にムルティストラーダは元「白いヤツ」所有者としては
気になっちゃって気になっちゃって
もうどうしようかと思っちゃったぐらいで^^b
(↑何をどうしようかは秘密ですけど^^;ゞ)

そんなこんなで、
今後のコーイチさんの動向から目が離せませんb

投稿: シバラク | 2010年6月15日 (火) 11時23分

■シバラクさん
いや~ムルティ、いい感じですよ。

シバラクさんの体格には、まさにピッタリだと思います>>ムルティ
b( ̄∇ ̄o)

白い奴マークⅡとして、検討してみてはいかがですか?
(*´∀人)

投稿: コーイチ | 2010年6月15日 (火) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« VFR1200F DCT仕様 発売日は7月末!? | トップページ | ムルティストラーダ1200 S またまた試乗。( ̄∇ ̄*)ゞ »