« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の9件の記事

2010年4月30日 (金)

ANGEL ST インプレ2 ・・・いいかもしれない、このタイヤ!( ̄∇ ̄*)ゞ

第一印象がイマイチだったはずの、ANGEL STですが、ここ最近街乗り都会乗りで渋滞しまくる近所を走り回ってみたら、評価がかなり変わってきました。

イイかもしれないよ、ANGEL ST?!

なにがイイって言うと、1stインプレでも書いたように、「ゴツゴツしない=疲れにくい」んですよ(^^)。

それが無性に気持ちいい。

街中を4速~5速の高いギヤを使い、低い回転域からアクセルを大きめに開け、流して走るのが気持ちよくて、このタイヤに合っている。

もちろん、BT-021を履いていた頃からの足回りセッティングは変えていません。

BT-021の時は、5000~8000回転で常に回し、低いギヤでガツガツ走っていて、またそういう走りがタイヤに合っていた。

最初BT-021と同じような走り方で、ANGEL STを履いたCBR600Fに乗っていたのですが、その走り方が、ANGEL STのタイヤ特性と合っていなかったから、違和感があったんじゃないかな。

BT-021も、ANGEL STも、同じスポーツツーリングカテゴリ(メーカー発表)のタイヤですが、重きを置いている部分が違うのかも。

BT-021      →スポーツツーリングタイヤ

ANGEL ST  →スポーツツーリングタイヤ

どうでしょう?φ( ̄∇ ̄o)

.

今回のインプレ2は、主に自宅近所で乗り回してみての感想。

ロングツーリングでの乗り味は、また違うかも。

五連休に、乗鞍~高山~下呂~中津川~茶臼山・・・と、ツーリングに行ってくる予定なので、そのへんは機会を改めて・・・
σ( ̄。 ̄)

| | コメント (0)

2010年4月29日 (木)

トランザルプを見てきました・・・d(⌒ー⌒)

VFR1200Fだ

ムルティストラーダ1200だ

乗り換え候補を、あーだこーだ、ここで書きまくってますが、そもそももう一つ候補がありました。それが、XL700Vトランザルプ。( ̄▽ ̄)

実は、トランザルプの実車をまだ見たことがない。

輸入(逆輸入ではない)車なので、なかなか見る機会がないんですよね。

噂では、バラデロ1000並に大きいとか、いや実はコンパクトで乗りやすいとか、いろいろ言われてますが、どれも噂の域を出ず。

そんなわけで、実車を見ずに判断するのも、どうかと思うので、展示車があるというディーラーへ行ってきたですよ。

カメラ忘れたので・・・写真は無し(´,_ゝ`)プッ

展示車は、ディスプレイ専用コーナーに陳列されていたので、残念ながら跨れなかったのですが、見た感じ、CBR600Fよりも若干大柄かな、という程度。思ったよりもコンパクトでした。
VTR1000F(ファイアーストーム)のエンジンを搭載したバラデロ1000みたいに大柄化されていることもなく。(^_^;)

お店の人からは、60歳手前のおじさんが奥さんと一緒に、ケースフル装備のコイツで北海道へ自走?キャンプツーに行った・・・とかいう話しを聞かされ、“おー、これこそツーリングライダーな私に、実はピッタリなマシンかも?”と、思ったような思わないような・・・

ま、なんにしても、買い替えをそもそも実行するのか・・・ヾ( ̄o ̄;)オイオイ・・・ということも踏まえて、ムルティストラーダ1200の試乗車が出るのを期待しつつ、夏前ぐらいまで、いろいろ悩んでみます、ハイ。
(  ̄ー ̄)*キラン

| | コメント (0)

2010年4月21日 (水)

タイヤ交換 PIRELLI(ピレリ) ANGEL ST(エンジェルストラーダ)。天使を装着!d(⌒ー⌒)

Dcsa00100001

先日、ブリヂストンのBT-021から、ピレリのエンジェルストラーダ(ANGEL ST)へ、タイヤ交換してきました。

同時期に、BT-021の後継、BT-023や、ミシュランのパワーピュアなども発売されたので、銘柄を決めるまで、今回はかなり目移りしましたよ。

Dcsa0017

新品のANGEL ST。うわさの天使マーク。

では、さっそくインプレなど。

でも、
タイヤ交換したその日に、150kmほど、市街地~高速道~奥多摩~高速道と、かる~く流しただけなので、そんなに大したものじゃありません。あしからず。

タイヤの硬さ・・・やわらかい
ピレリのディアブロストラーダ(DS)やメッツラーのロードテックZ6(Z6)は、剛性感がしっかりある硬めな感じ。交換直前まで履いていたBT-021は「DS」「Z6」よりは、もうちょっと柔らかめ・・・。
それら3つのタイヤと比べて、ANGEL STは、かな~り柔らかく感じます。路面の凹凸を拾う感覚も穏やかで、ツーリングタイヤ!という雰囲気。

接地感覚・・・ファジー
BT-021を履いた後に乗ると、おおぉ、こんなにグリップ感が希薄なの?というぐらい足下感覚が減退したように思えましたよ。

タイヤのコーナリング特性・・・バンク初期(前後同時バンク)、バンク中期以降(リヤが先にバンクし、フロントが追随)
バンク初期がBT-021風で、バンク中期以降が従来のディアブロストラーダと同じような、リヤ先行型のバンク特性のように感じますね。まだ150km程度しか乗っていないので、もうちょっと乗ってみてから、詳しく書いてみようかな、と思います。

耐久性・・・これは、まだまだ分かりません(^^;)
BT-021は結局16000km程度しか保たなかったので、このANGEL STには期待したいところです。

Rimg2985

150km走った後のフロントタイヤの状態。

Rimg2986

こっちがリヤタイヤの状態。まだタイヤに慣れていないせいか、端まで2cm近く余ってるし。(´-ω-`)ボソ

タイヤ表面に刻まれた天使は、まだ健在です。プロファイルの荒れも無し。

好み・・・さて、これがちと問題なんですが。ぶっちゃけ、ピレリのタイヤは肌に合わないかも( ̄~ ̄;)ゞ
悪いタイヤではないんですが、乗って走り出した時の1stインプレッションが、自分的にはもう一つ。

そういや、ディアブロストラーダの時も、そうだったような覚えが~

もっとも、
走り込んでいったら、印象が変わる可能性も、高いですけどよ。
φ( ̄∇ ̄o)

■4/29
インプレ第二弾を載せました!

| | コメント (2)

2010年4月17日 (土)

雪・・・積もってますがね

Dcsa0019

4月なんですよね~

Dcsa0020

前日、深夜に帰宅するとき、みぞれがちらついてましたけど、まさか、こうなるとは。

バイクに乗りたいな~、という甘い望みは、断たれた。orz

| | コメント (0)

2010年4月10日 (土)

ロード(公道) 試乗インプレ VFR1200F

VFR1200Fの公道試乗に行ってきました。
お店は、先日一度訪れて振られた「ドリーム練馬」

Rimg2981

VFR1200F、お店にいましたよ。

さっそく試乗。

試乗コースは笹目通りと環八と目白通りを周遊するコースなので単調ですが、まぁちょっとゴニョゴニョ(謎)すれば、意外と乗り味は分かるものです。

試乗コースをCBR600Fでぐるっと走った後に、VFR1200Fに乗ったので、同じ条件下でのVFR1200FとCBR600Fの違いみたいなものが、よくわかりました。

では、
インプレいってみましょうか・・・

お店を出てまずは、いきなりの

Rimg2980_2

渋滞(-_-)

ま、都内の公道なんて、そんなものです。

渋滞下でチェックしたポイントは・・・
①クラッチの重さ
②足つき
③ラジエーターファンからの熱風

①クラッチの重さ
握った感じは、CBR600Fと同じぐらいに感じます。
(^^;)これはVFR1200が軽いのか?CBR600Fのクラッチがそもそも重いのか。
繰り返し握って(耐久テストw)みたところ、軽いとは・・・いえないけれど、重い・・・というほどではなかったかな。

②足つき
良好。私の体格だと、まったく不安無し。
シート形状+重心の低さがポイントです。

③ラジエーターファンからの熱風
臑から腿にかけて、けっこう来ます、熱風が。直前に他の人が試乗していたので、渋滞にはまった途端にファンが回りました。
ラジエーターファンからの熱風対策加工をしている私のCBR600Fと比べてはいけないかもしれませんが、夏場は気になると思います。熱風対策加工は必要ですね。

長めの直線を法定速度+αで流したときにチェックしたポイントは・・・
④走行風(エアマネジメント)の身体へのあたり方
⑤レーンチェンジ時の動き
⑥停止時のブレーキ性能

④ヘルメットの顎から上に走行風があたる感じ。
大磯では「静か」と表現したけれど、あれは速度域が低かったからですね。顎から上のヘルメットに風がもろに当たるため、風切り音が静かということはないです。スクーターのスクリーンを移植している私のCBR600Fみたいな防風性能はなかったですね。(笑)
もっとも、身体に風はあたらないので、速度があがっても風圧が気になることはなかったです。

⑤軽く感じます。重心がCBR600Fよりも、ずっと地面に近いところにあることが感じられました。安定しているのに、軽快です。

⑥いいですね。狙った停止距離ですっと停まれます。連動ブレーキのおかげで、フットブレーキを踏まなくてもいいので、右足着いての停車が楽!(^_^)

ゆるく蛇行した二車線道路で軽くバンクしながら流したときのポイントは・・・
⑦思い描いた旋回ラインをトレースできるか
⑧左右の切り返し時の感じ

⑦私のフィーリングにはバッチリ合う感じ。CBR600Fと比較しても、こういうシチュエーションでの旋回性能は遜色ないです。
⑧意外にもこれが良かった。そりゃ絶対的な重さはあります。だからCBR600Fより軽快だとは言いませんが、重心がCBR600Fより低いせいか「重い車体が軽快に動く」という、“なんか凄いぞコレ!”的な動きをします、VFR1200Fは。

街中の込み入った道を走るときのポイントは・・・
⑨ギア比(ファイナルのショート・ロング、ギアの速度域)
⑩ライポジ

⑨ギア比はロングです。私のCBR600Fは、国内仕様からさらにリアで一丁ロングに設定してます。それよりもずっとロングです。軽くアクセルをあけて3000回転ぐらい回して走りたいとき、込み入った街路では、二速だと速度がのりすぎるので一速が使いたくなります。法定60kmの道では四速だとちょっと速度が上がりすぎる感じがして、三速を使ってました。

試乗車で転けたくなかったので、エンストしないよう回し気味で乗ったので、都内を走る今回の試乗では六速に入れられませんでした。五速も60km~70kmの速度域では回転がかなり下がります。
逆に言うと、六速でだら~っと60km巡航なんてできるように慣れれば、トルク任せのエコランで、燃費をそうとうよくすることができそうな気がします。

⑩ライポジは、スペーサーで13mmハンドルを上げたCBR600Fより、さらにバー1本(1.5本)分上げたぐらいでした。・・・大磯の試乗会では結構ハンドル位置が高いように思えましたが、そうでもなかったです。
緩やかとはいえ「前傾」しているのは確かで、「交差点の合流とかで、首を回して後ろを振り向くことは苦手」なライポジですね。街乗りで使うことには向いていないと思いました。

全体的なことでチェックしたポイントは・・・
⑪シートの座り心地

⑪これが意外だったのですが、シートの座り心地がイマイチ。高価なカスタムシートを入れているCBR600Fと比較するのもかわいそうですが、シートの座り心地に満足できません。もしVFR1200Fを購入するのなら、ハイシートを試すかカスタムシートへの交換を考えたくなりました。
座面が広いのですが、足つきを確保するため、座面の前方を絞り込んでいるせいか、前寄りに座ると、お尻を支える座面面積が狭くて、お尻の収まりが悪いです。腰をぐっと引いて後ろ寄りに座ると快適なのですが、街乗りでは前側に座りたいので・・・

以上
都内街乗りでのVFR1200Fインプレでした。

結論
MT仕様なら買い替え無し。DCT仕様待ちです。
乗り味とか、私の求めているツボ(=今のCBR600Fで80%ぐらい実現)は、かなりの部分で備えています。大磯で感じたことは間違いなかったですね。ただ、MT仕様が私に与えてくれる感動というか満足感は、排気量からくるトルク感や所有感を除くと、CBR600Fでも十分だな、と思えました。

DCT仕様のツアラー・オートマ革命?が、走りをどう変えてくれるのか、それを楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (8)

2010年4月 9日 (金)

ムルティストラーダ1200 CMムービー

ムルティストラーダ1200のTVCM。

かっこいい、ムービー作るの上手い!
b( ̄∇ ̄o)

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

VFR1200F MT版 試乗インプレ いいよ、コレ!d(⌒ー⌒) !

Rimg2960

大磯ロングビーチで開催された、テストライドフェスタへ行ってきたですよ!

もちろん、目当ては・・・コイツです!

Rimg2952

VFR1200F!

こいつが果たして、私のお眼鏡に叶うバイクなのかどうか?
大磯ロングビーチの、ちょい広めの体験コースで、走りの味付けとか操作感見極めてきました。

・・・うわぁ~上から目線だ!σ(^◇^;)・・・

Rimg2959

ライポジは1200ccとしてはコンパクトに感じます。VFR800と変わらないんじゃないですか。
CB1300STと比べても、一回り小さい印象。足つきはCB1300STよりも、ずっと良好です。
写真に写っている人は私ではありませんが、自分と似たような背格好の人が跨った様子。

重心が低い。CB1300と比べると顕著。CB1300は重心が高くて、立ちゴケの不安を感じるんですが、VFR1200Fは安定感があります。

この重心の差は、エンジンなんでしょうかね。
DOHCとユニカムSOHCの違い・・・

自分のCBR600と比べても、取り回し時はVFR1200Fのほうが重心の低さが幸いして、ふらつきが少なく安心して取り回せるように思えました。
もちろん、車重そのものはVFR1200Fのほうが、ずっと重いんですけどね。

試乗はオーバルコースにゆるいS字を一箇所設けたコースを2周。

走り出しての第一印象は“BMW F800”に似ているということ。
エンジンのボア×ストロークがツアラーよりになったので、いい意味で吹け上がりが穏やかです。

ゆるいS字では、視線移動とステップワークに車体がちゃんとついてきてくれます。ここもF800的な感じです。するどく曲がる感じはないけれどね。

これ、いいんじゃなーい!
b( ̄∇ ̄o)

こっちの曲がりたい要求に応えてくれる時の、さじ加減が私の好みに、めっちゃ合っています。

1周目の半分も走らないうちに、買って間違いなし!と思っちゃいました。

そしてエアマネジメント、これが後から思うとよくできていました。
風をキレイに整流して後ろに流しているせいか「風切り音が静か」なんですよ。
この後でCB1300STに試乗した時は、風切り音がかなり耳障りでした。

加速性能は排気量相応の迫力。ストレートが短かったので、上まで回したときにどうなるかまでは、ちょっと分からず。
加速中はV4らしいエンジンのパルスを感じられます。

正直言って、今の自分が求めている乗り味を、ここまで備えてくれているとは予想していなかった分、すごく物欲を刺激された試乗でしたね!!!
“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪

6月のDCT仕様の登場が、すごく楽しみです。

もう一つの候補、ムルティストラーダ1200Sも6月には試乗できると思いますが・・・さて、どうなんだろうか。
(^^;)

~~試乗会の様子についても紹介しましょう~~

試乗会会場は、大磯ロングビーチの駐車場をめいっぱい使用しています。サッカーコートを2面は確保できそうなほど。

Rimg2970

お台場での試乗会が雨だったこともあるんでしょうか、この日は曇り空にもかかわらず、こんなにバイクが集まってました。

人気はCB1100とVFR1200に集中。CB1100は8台、VFR1200Fは6台、用意されてました。他の継続車種は1~2台ずつ、VT1300CXは3台でしたので、上位2機種の人気のほどがうかがえます。

感心したのが、WEBで事前予約すると「入場料が無料」になること。当日申し込みだと500円取られます。

・・・だったら、みんな事前予約しますよね、当然。

このWEB事前予約に実は仕掛けがしてあって、WEB予約時に「試乗希望車種」を必須で選ばせるんですよ。

その予約状況から、用意する試乗車の数と割合を算出していたのではないかな。

試乗の列を見ていると、ごく一部の不人気車種(CB223Sとか[笑])以外は、比較的バランスよく、試乗の列ができていたように思えます。

というか、そういう事前調査でもしない限り、単一車種に8台・6台もの試乗車を用意する決断なんて下せないと思うんですよね~
( ̄~ ̄;)ゞ

会場には試乗開始の1時間20分前、受付開始の40分前に到着!
えぇ、むっちゃ気合い入れて行ってきました。できれば2回乗ってやろうと!
( ̄‥ ̄)=3フンッ

しかしそれでも、私の前には15人くらい既にならんでましたが・・・(汗)

.

・・・そして、試乗開始から2時間後・・・

.

この日試乗できたのは、VFR1200F・VT1300CX・CB1300STの計3車種。

Rimg2965

試乗会は大盛況で、開場から2時間後、試乗受付は満員御礼(受付終了)の札がご覧の通り。

ちょっと乗り足りない・物足りない。
( ̄~ ̄;)ゞ

でも、ここでの試乗はこれ以上無理っぽかった(午後遅くまで待たなければダメ)ので、場所を移して、もう一回VFR1200Fに乗ることに・・・

Rimg2972

で、やってきました。
ドリーム練馬。

先週からここでVFR1200Fの試乗をやっているのです。

(大磯の)クローズドコースでの試乗の後は、ここでロードの乗り味を試してみようという魂胆です!
σ( ̄。 ̄)フッフッフ

Rimg2978

おぉお~
試乗車がいっぱい。
さて、じゃあ試乗を申し込むとするかな~

「お願いしまーす、VFR1200Fを試乗したいのですが!」

“あーすいません。当店のVFR1200Fは『大磯』の試乗会に貸し出しておりまして、申し訳ありません”

“え、大磯?”
(○'ω'○)?

Rimg2956

↑大磯
(´,_ゝ`)プッ

Rimg2976

くやしかったので、ドリーム練馬のすぐ裏で、お花見。
(*´∀人)

| | コメント (4)

2010年4月 3日 (土)

目黒川へ花見に行ってきました。

Rimg2942

桜の名所・・・目黒川沿いへ、桜見物に行ってきました。

Rimg2938

四~五分咲きくらいだった・・・というところでしょうか、この日は。

Rimg2940

あいにくの曇り空で、寒風が身に染みました。でも、桜のほうは、まずまず咲いていてくれてたので、けっこう楽しめました。
d(⌒ー⌒) !!

Rimg2946

寒さに震えつつ、飛び込みで入ったカフェで頼んだ「アラビアンコーヒー」
カルダモンのスパイス入り(確か)
半分、ネタのつもりで注文したのですが・・・、見事なまでのジョーカー!!!

(・ω・;)何じゃ、この味は??
形容しがたい、みょ~な味わいでした。orz シッパイ

ほうほうの体でカフェを逃げ出し(笑)、お口直し&温まるためラーメン屋へ。中目黒駅前にあるラーメン屋へ(あ~名前忘れた。吉野家の並び、大戸屋の隣にあるつけ麺屋です)。

Rimg2947

身体がすっかり冷えていたので、スープを飲みたくて、つけ麺じゃなくてラーメンを食べました。魚介系のちょいコッテリな、ここのラーメン、美味しいんです。

スープもほぼ全ていただいて、身体もすっかりぽっかぽか。うむ、やっぱりココのラーメンはウマイ。
(^^)

とまぁ、そんな感じのお花見を楽しんできました。

ただし、この話は、28日(日)に行ったときのもの。あしからず。
4/3・4の土日が桜のピークだったみたいですね・・・一週間早かった(^^;)

| | コメント (0)

2010年4月 1日 (木)

手に入れちゃいました・・・

Vfr1200fmanyual

迷いに迷った末、とうとう手にしてしまいました。
d(⌒ー⌒) !!

・・・

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

えへへ~
実は、コレ、HONDAのホームページで手に入れたPDFマニュアルだったりしま~す。

だって今日は4/1ですも~ん
(((*´ε` *)(* ´З`*)))

| | コメント (2)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »