« 北海道ツー2日目~秋晴れ!富良野~美瑛~三国峠、あの景色をこの目で。 | トップページ | 北海道ツー4日目~襟裳岬を越えて・・・北海道最後の1日 »

2008年9月23日 (火)

北海道ツー3日目~弾丸!帯広~摩周湖&美幌峠、周遊ツー

北海道に来てから3日目。昨日に続いて、この日も天気に恵まれました。

そして、今日はヒカルさんと夕方4時にナイタイ高原で会う約束の日です。

約束の時間は夕方。今日明日は帯広で連泊の予定。
どこを観に行ってこようかな、と考えたときに、頭から離れなかったのが、
摩周湖と美幌峠。

特に美幌峠は、絶対行ってみたいところでした。
明日は苫小牧からフェリーに乗る日なので、摩周湖方面へ行くのは時間的に無理・・・今日しかない。

帯広~摩周湖は片道約200km。果たして、朝出て約束の時間までにナイタイ牧場まで戻ってこられるのか!?
\(;゚∇゚)/

●ガス欠の危機を越えて、意地で見た摩周湖

片道200km・・・途中休憩とかお昼とか考えると、いいペースで走っていかないとダメっぽい。
8時に宿を出てすぐ給油。足寄国道を目指して走り出しました。

でも、そこは北海道。車もそれなりのペースで走ってくれるので、思っていたよりも、楽勝?な感じで、途中の阿寒湖まで到達。
( ̄ー ̄)ニヤリ

しかし、その先に罠が待っていたのです。
あぁ、なんという運命のいたずら。
マジデスカ━━Σ(゚д゚;)━━!!

摩周湖マイカー規制

今日は9月5日。
ココまで来て、自分のバイクで摩周湖を見に行けないなんて
orz

バスに乗るか・・ソンナ ヨユウナイヨ
チャリを借りるか・・カワジャンカワパン デ チャリ?

などという考えも浮かびましたが、どちらもちょっとありえない選択。
と悩んでいた時に思いついたのが、8月に北海道へ行った人のブログで見つけた「裏摩周展望台」というキーワード。

確認してみれば、そっちは規制されていないらしい。
走行距離は50kmぐらい増えるが、北海道だからそんなに時間もかからないだろう。
(; ̄_ ̄)=3 ココマデキタンダ イクゾ

Rimg1736

裏摩周のほうは、ここまでの道程に輪をかけて、人っ子一人みかけないような、樹林と原野を突き抜けていくような道。裏摩周へ行くため、50kmも移動距離が増えたので、やや飛ばし気味で走り続けます。

燃料警告灯が点灯したのが、まさにこの辺り。裏摩周湖まで、あと10kmぐらいのところ・・・

“給油に戻っていたら、摩周湖は時間的に見れなくなる”
意を決して、摩周湖を目指します。

Rimg1741

裏摩周展望台から見た摩周湖

Rimg1743

裏摩周展望台駐車場

“裏”と付くだけあって、裏摩周湖展望台は静かなところでした。トイレと駐車場と小さな売店だけある、のどかな雰囲気が良い。

東京から来たという青年と少し話しをした後、展望台を後に。
「神の子池には、行かれましたか?」と聞かれて、そういえばここから近いんだよな、と気付くも・・・時間もないし、ダートだし、と諦めて、札弦を目指す。

ガスの残りも心配。
警告灯が点いてから、既に15km走っている。ツーリングマップルに載っている一番近いGSまで30km。
きっちり満タンにしていれば、警告灯が点いた時点で、残燃料は約3L強。
リッター17kmの燃費なので48km以上走れるはず・・・

た、たぶん大丈夫さ
(゚ー゚;

時間も押しているので、なるべくスピードをあげたいところだが、万が一ガス欠してストップ!→JAFなんてハメになったら、元も子もない。
急ぎつつもエコランでGSを目指す!!!
('ェ';)

・・・10km

・・・20km

マップルに載っていないGSがないかと期待するも、そもそも民家すら見かけない!

・・・30km

バイクの燃料警告灯が、点滅モードに入ってから既に40kmは走っている。
こうなると、あと何L残っているかは、経験で計るしかないCBR600F。

“朝の補給の時に、きっちり満タンにしてあったかな”
“セルフじゃなかったから、ギリギリまで入ってなかったかも”

最悪の予感が頭をめぐる・・・
(。>0<。)

・・・40km

ようやく札弦の駅の表示が見え始める。
と、その時同時に、遠くに「ホクレン」の看板が!

頼む!
営業していてくれ。

バイクをホクレンGSに滑り込ませる。エンジンを切って振り返ったとき・・・

受付からGSの人が出てきたときは、心底ホッとしました。
(; ̄o ̄)=3

私“ここらはGS少ないんですね~”
GS“山の方から? そうだね、そっちの方は町が無いから”

私“そういえば、フラッグ廃止だとか”
GS“(苦笑) 景気が悪いらしくて・・・”  

私“初めての北海道なんですが、、ちょっと残念です”
GS“そうかい・・・、配りきれなくて残っている、昔のがあるけど、記念にもっていくかい?”

ホクレンのGSのおじさんが、苦笑いしながら受付から持ってきてくれたのは、なんと「2006年版」のもの。
せっかくなので、記念にありがたくいただき、部屋に飾ってあります。

●美幌峠からナイタイ高原へ。約束の時間に間に合うか?!

札弦のホクレンで燃料を満タンにした後は、一路南下、屈斜路湖&美幌峠へ。
屈斜路湖畔の道を駆け抜け(湖面のきらめきと木漏れ日が綺麗な道でした)、パイロット国道をへて美幌峠へ。

Rimg1749

美幌峠より屈斜路湖とCBR600F

Rimg1745_1746

屈斜路湖のパノラマフォト

凄い眺めでした。湖面に青空が写って、素晴らしい景観を見せてくれました。
頑張ってバイクを走らせたかいがあったな~と、思えた瞬間でしたね。

この時、時刻は12時15分ぐらい。
15分ぐらいなら余裕有るかなと、峠の展望レストランで飯を食べ、名残惜しみつつも、美幌峠を出発することに。

約束の地「ナイタイ高原牧場」を目指して
(  ̄ー ̄)*キラン  ↑コウカクト ナンカ カッコイイナ

Rimg1747

昼食は、いくら丼。好きなんですよ

Rimg1744

美幌峠の駐車場。隣の二台も東京からの人

ペースを上げつつ、美幌から陸別を経由し、ナイタイ高原牧場へと向かいます。今度はガス欠に気をつけつつ(^-^;、着実に目標ラップを刻みつつ、国道240→道道51→(陸別)→国道242と走りました。
道道に入ると車がほんとに少なくなるというのを、この時の道道51で実感。10分かそれ以上車を見かけなかったのにはビックリです。

ナイタイ牧場への復路はトラブルもなく、順調に進み、3時30分過ぎにナイタイ牧場の敷地に到着。

・・・ここから、待ち合わせのレストハウスまでが、意外と遠くてビックリ。
さすがは北海道。( ̄Д ̄;;

Rimg1752

ナイタイ高原牧場からの展望

十勝平野を一望するロケーションが凄いです。

そして待つこと10分ぐらいでしょうか
待ち人来たる
(*^ω^*)ノ彡

Rimg1755

ヒカルさんとFSロッシ

昨年購入されたという、限定ロッシは逆車仕様の01ロッシ(国内版とはグラフィックが違う)
ピカピカで立ちゴケの後もなく、大切に乗っているんだなぁ~というのが伝わってきます。
・・・私は数日前に倒してしまっているので、なおさら
(;´Д`A ```

Rimg1757

LCR・GIVIレプリカとロッシ・ナストロアズーロレプリカの600F&600FSツーショット

Rimg1759

お互いの愛車と一緒に、ツーショット

ブログで互いをそれなりに知っているので、初対面とは思えぬほど話が弾み・・・。
お土産までいただいて、楽しいひとときを、ありがとうございました>>ヒカルさん
機会が合えば、今度はツーリングでもご一緒しましょう

ヒカルさんのブログはこちら

日中用事があった後に、わざわざ時間を作っていただいたヒカルさんに改めてお礼をいい、牧場にてヒカルさんとはお別れ。

連泊している帯広の宿へ戻り、慌ただしくも楽しい3日目の出来事を、ビールととともに反芻したのでした。
(* ̄ー ̄*)

|

« 北海道ツー2日目~秋晴れ!富良野~美瑛~三国峠、あの景色をこの目で。 | トップページ | 北海道ツー4日目~襟裳岬を越えて・・・北海道最後の1日 »

CBR600F」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道ツー2日目~秋晴れ!富良野~美瑛~三国峠、あの景色をこの目で。 | トップページ | 北海道ツー4日目~襟裳岬を越えて・・・北海道最後の1日 »