« 2週間ぶり~ | トップページ | 北海道ツー2日目~秋晴れ!富良野~美瑛~三国峠、あの景色をこの目で。 »

2008年9月21日 (日)

北海道ツー1日目~ナッチャン、こんにちは!

一度は行ってみたい!
と思い続けてはや何年。念願の北海道へ、振り替えのお盆休みに週末休みをくっつけて行ってきました。

最後の最後まで行こうかどうしようか迷ってましたが、背中を押してくれた皆さん、ありがとう。
行って良かった~、と思える5日間でした!

●深夜発、雨の東北道~雨の北海道を一路札幌へ

長距離フェリーも考えたが“根っからの船酔い体質”と「いっぺんやってみたいな」という思いもあって、行きは青森まで自走!

深夜割りでお得に。という思惑もあり。
(´,_ゝ`)プッ

仮眠をとって、2日(火)の22時に出発。東京から青森まで、700km走り通しました。
距離自体はゼンゼン問題なかったけれど、、眠かったぁ。

この日、仙台以北はず~っと雨。夜&雨なのでさっぱりペースが上がらなかったなぁ。

そんなこともあり、青森で乗る予定だったナッチャンに乗れず
(ρ_;)
2時間待ちぼうけ。

Rimg1675

でも、そのおかげ撮れた、ナッチャンの入浴入港シーン。

格好いい~。(・∀・)イイ!
滑るように港に入ってきます。・・・でも、来年はもう乗れないんですよね。

Rimg1680

バイクの乗船口は、船体後部。
写真右の赤いゲートの向こうに写っている四角い建物のように見えるのが、ナッチャンの後部甲板ゲート。

Rimg1685

甲板の中は広々。フェリーと違って開放感があっていいですね。
手前のバイクの人は、キャンプらしく、いろいろ道具が満載。

・・・に比べると、100%宿の予定の私。バイクの荷物も全部ハードケースに納まっているせいか、バイクもすっきり。

あまり北海道ツーリングらしく見えないか?
(^-^;

●北海道上陸。雨は続くよ、札幌まで。

予定より2時間遅れで函館到着。

ナッチャンにお別れし(これが今生の別れとなるとは・・・)、雨の降りしきるなかを、洞爺湖経由で札幌へ。

Rimg1691

時折強くなる雨に、北海道の広大な景色もくすみっぱなし。
明日からはsun晴れる!という予報を信頼して、ひたすら更に北を目指す!

七月にサミットが行われた洞爺湖。
仕事絡みで担当したこともあって、行ってみたかった場所ですが・・・

Rimg1687

残念。(´・ω・`)ショボーン
雨雲に遮られて、なんにも見えず。

雨もますます強くなってきたので、洞爺湖を後にした後は、一路真っ直ぐ札幌へ・・・

すっかり暗くなった頃になって札幌に着き、その都会ぶりにビックリしつつも、なんとか宿へ到着。

が、宿の駐車場でバイクを押し歩き中に倒す、というヘマを。
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

めいっぱいしょげかえるも、不幸中の幸いにもミラーが折れずに済んだのは、ちょっとだけラッキー。

・・・

その夜は、宿の温泉&ビールで、18時間近い走行の疲れと、バイクを倒してしまって凹んだ気持ちを慰めました。
(´,_ゝ`)プッ

でも、この日は不幸なことばっかりじゃなかった!
北海道でお会いしましょう、とメールを送っていた、北海道在住のヒカルさんからOKの返信が!
(≧∇≦)

天気予報は明日から三日間、ほぼ道内全域sunマーク。
禊ぎはこれで終了!明日も走るぞ!

|

« 2週間ぶり~ | トップページ | 北海道ツー2日目~秋晴れ!富良野~美瑛~三国峠、あの景色をこの目で。 »

CBR600F」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

今晩は黒いCBR600F改め銀のVFR800です。北海道どうでした。本州にはない大きさがあったのではないかと思います。もし次回行かれる機会があったら是非キャンプをお勧めします。私も友人に勧められ北海道のツーリングからキャンプを始めました。本州のキャンプ場にはないロケーション&雄大さ。北海道を堪能するのにキャンプは絶対欠かせないと思います。是非来年はキャンプで北海道に行ってみてください。

投稿: 黒いCBR600F | 2008年9月21日 (日) 19時38分

■黒いCBR600Fさん
新しいVFR800はいかがですか。

そこまで推していただいたからには、チャレンジしてみたくなりますね>>キャンプ

来年行けそうな時は、考えてみます~

道具を買いそろえるところから始めなければ。
(; ̄ー ̄A アセアセ・・

投稿: コーイチ | 2008年9月22日 (月) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2週間ぶり~ | トップページ | 北海道ツー2日目~秋晴れ!富良野~美瑛~三国峠、あの景色をこの目で。 »