« ひょっとしたら、未来の・・・ | トップページ | 御坂峠・朝霧高原 ぷちツーリング »

2007年8月 4日 (土)

ツーリング・秋葉街道(杖突街道)R152を往く

2007年7月最後の日曜日、南アルプスの西・中央構造線(フォッサマグナ)に沿って走る国道152を、南から北へとツーリングしてきました。

この日は、午後半ばから『雨』予報。
雨が降り始める前に行って帰ってくるしかない。
・・・と、ムチャ頑張って、午前3時半起床、4時半に出発しました。

Cbr600_cbr600f_0629 東名・足柄SA 5:30頃
バイクはご覧の通り、私含めて2台だけ。寂しい~。
なのに、車は凄い数なんですよね~。ほとんどが家族連れ(お子様がいっぱい)。夜の高速道割引を利用した帰省?行楽?

Cbr600_cbr600f_0630 東名・富士川SA 6:00過ぎ
お腹が減ったので、売店で朝定食。朝飯に白いご飯たべるのは久しぶりだった。値段の割に、魚フライもご飯も味噌汁も美味しい。

『国道473(牧之原市)→国道362(春野方面)→県道389→国道152→ヒョー越林道→国道152→蛇洞林道→国道20(茅野市)→県道11&17(七里岩ライン)→韮崎・・・>帰路』
東名高速を降りた後のルートがコレ。下道で約300km、行程約8時間というところです。

Cbr600_cbr600f_0631 大井川と大井川鉄道とCBR600F。
曇り空と逆光気味で、色が鈍いな~。走っているときは気になりませんでしたが、靄がいくぶんでていたみたいですね。

Cbr600_cbr600f_0635 静岡といえば「お茶」。大井川沿いにも、いっぱいお茶の畑が並んでました。

Cbr600_cbr600f_0640 大井川と天竜川の間を東西に走る国道362は、とても狭いのに加えて、昨夜降った雨で流されてきた落ち葉で覆われていて、おっかなビックリ気を遣う道。でも、写真のような美しい渓谷美が楽しめます。

Cbr600_cbr600f_0641 小石間トンネル。国道362→県道389と曲がった直後にあります。1車線交互通行のトンネルです。写真はトンネルの途中にある待避所にて。結構長いんですよね、このトンネル。・・・1車線なのに。
思わず“この先の県道389は、どんな道なんだ(汗)”と心配になりました(笑)。・・・トンネルから先は、走りやすかったので、私の心配は杞憂に終わる・・・

Cbr600_cbr600f_0645 国道152(秋葉街道)の未開通部分をつなぐ林道その1「ヒョー越林道(兵越林道)」。「兵越峠」と峠名は書いてあるのに、なんで「ヒョー越林道」と道名は表記されているのでしょうかね?(※ツーリングまっぷる参照)

Cbr600_cbr600f_0647 ヒョー越林道・杉林の向こうには絶景!・・・下を覗き込むと、思わず足が震えるx2

Cbr600_cbr600f_0648 国道152をバイパスする林道その2「蛇洞林道」。
緑のキレイな道でした。ガードレールもない高原の道を気持ちよく走れます。ヒョー越林道より、ここのほうが好きですね。

Cbr600_cbr600f_0653 この日はサイクリング大会が催されていて、北から南へと走るたくさんのツーリストとすれ違いました。
颯爽と高原ロードを下っていく人たちを見ているうちに、ふと思ったね。
“あ~、自転車もいいかもしれないなぁ”

Cbr600_cbr600f_0657 国道152(秋葉街道・杖突街道)は、茅野から天竜まで250km前後の道程があり、場所によって幅員が変わります。それも結構な違いで・・・。 路肩が1mくらいある2車線区間だと思えば、どう見ても1車線くらいしかないところまで。

Cbr600_cbr600f_0662 美和湖「道の駅・南アルプむら長谷」13:00頃
ここでお昼にしました。早朝からほぼ休憩無しで走っていたので、ここでちょっとゆっくり。心配していた天気の崩れも、あと2時間くらいは晴れ間が保ちそうな感じでした。

“早起きしたかいがあったなぁ~”と、にやけながらお昼ご飯を食べ、アイスコーヒーでまったり(笑) していた、三十路の中年・・・ここにあり。

Cbr600_cbr600f_0661 喫茶スペースで食べられるのは、自然食メニュー?とも言える“雑穀”をメインにすえた料理のようです。
写真の料理は“雑穀ハンバーグのせ ご飯”“アイスコーヒー”
味付けは、まぁまぁかな。でも、新鮮な食材を使ったヘルシーな感じが良かったですよ。一度おためしください。
スィーツも頼みたかったのですが、この日は既に売り切れてました。orz

お昼を食べつつ、空の様子を眺めていると、西側の山向こうに、怪しげな雲が見え隠れ・・・
霧ヶ峰のほうに足を伸ばそうかな~とも思っていたのですが、予報通り夕方には雨が降り出しそうだったので、道の駅を後にした後は、国道152→国道20と走ることに。

国道152・杖突峠を越えた後は、甲州街道から七里岩ラインへスイッチ。七里岩ラインは走りやすい道です。国道20より圧倒的に車が少なく、道程の大半が追い越し可能なので、遅い車をパスしてぐんとペースを上げられるので、オススメです。

韮崎ICから中央道に乗り、この日はそのまま帰宅しました。
背後に雨雲を背負いながら・・・(笑)

p.s.
帰宅して1時間も経たないうちに、空には稲光が閃き、雷雨が・・・

作戦勝ちだね!(笑)

|

« ひょっとしたら、未来の・・・ | トップページ | 御坂峠・朝霧高原 ぷちツーリング »

CBR600F」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひょっとしたら、未来の・・・ | トップページ | 御坂峠・朝霧高原 ぷちツーリング »