« ACジェネレーターは大丈夫な様子 | トップページ | 命たくましい 梅雨の一コマ »

2007年7月18日 (水)

どうしてバッテリーが上がりやすくなったのか・・・?

ETCを付けてから?

ETCの仕様書を見ても、消費Ahの値は記載無し。
でも、ヒューズが「1A」とあるので、約1Aの電力消費があるらしい。

ETCは常時通電しているので、取付後は常に浪費電力が「1A」増えた状態・・・ということだ。う~む。

ナビ稼働時は更に+0.5A,グリップヒーターONで+最大約3A。電装アイテムフル稼働時の消費電力は標準より+約4.5A、、おおっとぉ。
ちなみにライトは点灯時に片目で4.6Aほど消費。

容量8.6Aしかないバッテリーなので、全部点いていると、それだけでオーバーロード[放電電流総量がバッテリー容量より多い状態](汗)

で、最近ふと思いついたのが
バッテリーを容量の大きいモノに、取り替えてみること。

600Fの前期型は、私の後期型よりサイズが大きく容量の小さいバッテリー[YTX9-BS]を積んでいた。で、たぶん同じリヤフェンダー[バッテリーケース]を使っている私の海外仕様600Fなら、バッテリケースを加工することで、電力容量が1ランク上のYT12A-BS(10A)、ひょっとしたらYTZ12S(11A)or14S(11.2A)が載せられるかも。

、、、なんてね。
ちょっと調べてみよう。

>>その後の記事はこちら

|

« ACジェネレーターは大丈夫な様子 | トップページ | 命たくましい 梅雨の一コマ »

電装トラブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ACジェネレーターは大丈夫な様子 | トップページ | 命たくましい 梅雨の一コマ »