« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の13件の記事

2007年7月29日 (日)

梅雨の晴れ間に、八ヶ岳ツーリング

先日、3連休の最終日に八ヶ岳へ行ったときのツーレポです。バッテリートラブルとか色々あったあの日です(笑)

Cbr_rimg0553 街の空はこんな感じ(双葉SA)。雲がいっぱい浮かんでますが、太陽も光っていていい天気。

Cbr_rimg0554 でーもー、行く手の山間部には、どす黒~く、ぶ厚い雨雲が・・・(汗)

続きを読む "梅雨の晴れ間に、八ヶ岳ツーリング"

| | コメント (0)

2007年7月28日 (土)

これも時差ぼけ?

夏場のツーリング、、早起きが基本じゃありませんか?

涼しいし
渋滞もないし
まだ観光バスは走り始めていないし

続きを読む "これも時差ぼけ?"

| | コメント (2)

2007年7月27日 (金)

目指せバッテリーあがり解消!電力容量アップ計画!

バッテリーの容量を1ランク上のものに変更することにしました。
Cbr600_rimg0614 入手した製品がこちら「FT12A-BS(12V,10A)」

標準で付いてる「FTZ-10S(12V,8.6A)」よりも「1.4A」容量が多い代物です。

カスタムを考えたきっかけは、先日の記事に書いたように、冬場はもとより夏場でもバッテリーが上がってしまうようになってしまったからです。
ETC+ナビ+グリップヒーター+ハイマウントストップランプと、追加の電装品が増えているMyCBR600F。
電流容量を上げることで、バッテリーへの過負荷が低減し、バッテリーがあがりにくくなるらしいので、そこに期待です。

続きを読む "目指せバッテリーあがり解消!電力容量アップ計画!"

| | コメント (0)

2007年7月23日 (月)

つくづく・・・WEBサイト製作って奴は

難しい。

発注側の人間の自分は、一見好き勝手にサイト作りを、予算をつけてもらって、仕事として担当している。

と、、外注先からは思われている一面があると思う。

でも、、

そんな私にも、

意識しないといけない史上最凶顧客がいるのですよ。

それは、

・・・My社長様 orz

なにぶん、専門知識が皆無なので、サイト製作の事情をご理解いただくのが、甚だ困難なんですよ。

威張れるほどの仕事をしているか?といえば反論に窮する面も無くはないですが。

・・・

ふと思うときがあります。

WEBの仕事を受注している、SE側もいろいろ大変だとは聞くけれど、

“そっちのほうが、(その報酬額では)できないモノはできない。と言える分、もしかして楽?”

と、心をよぎるモノがあるのですが、、甘い?

| | コメント (0)

2007年7月21日 (土)

ナビの電源が入らなかった理由

それは、、、

Cbr600f_0586 電源端子(写真に写っている8つの茶色い)に汚れが付着、それによるただの接触不良

それだけでした。orz (一度も端子を拭いたことすらなかった)

断線、ヒューズ、バッテリー電流不足、、などと、分かったふりして原因の予想をバイク屋に伝えていた私・・・恥ずかしい~

元の記事はこちら

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

命たくましい 梅雨の一コマ

自宅アパートのコンクリート壁に

Cbr600f_0582

Cbr600f_0583

草の芽が芽吹いていました。

植物って、たくましい。

・・・

梅雨が明けたら、枯れてしまうのが残念。

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水)

どうしてバッテリーが上がりやすくなったのか・・・?

ETCを付けてから?

ETCの仕様書を見ても、消費Ahの値は記載無し。
でも、ヒューズが「1A」とあるので、約1Aの電力消費があるらしい。

ETCは常時通電しているので、取付後は常に浪費電力が「1A」増えた状態・・・ということだ。う~む。

ナビ稼働時は更に+0.5A,グリップヒーターONで+最大約3A。電装アイテムフル稼働時の消費電力は標準より+約4.5A、、おおっとぉ。
ちなみにライトは点灯時に片目で4.6Aほど消費。

容量8.6Aしかないバッテリーなので、全部点いていると、それだけでオーバーロード[放電電流総量がバッテリー容量より多い状態](汗)

で、最近ふと思いついたのが
バッテリーを容量の大きいモノに、取り替えてみること。

600Fの前期型は、私の後期型よりサイズが大きく容量の小さいバッテリー[YTX9-BS]を積んでいた。で、たぶん同じリヤフェンダー[バッテリーケース]を使っている私の海外仕様600Fなら、バッテリケースを加工することで、電力容量が1ランク上のYT12A-BS(10A)、ひょっとしたらYTZ12S(11A)or14S(11.2A)が載せられるかも。

、、、なんてね。
ちょっと調べてみよう。

>>その後の記事はこちら

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

ACジェネレーターは大丈夫な様子

お正月に交換したばかりのACジェネレーターは大丈夫な様子。

一気駆けで帰宅した後、恐る恐る電源OFF→ON→セル。・・・エンジンかかりました。バッテリーも充電されてました。

よかった~

でも安心はできない。昨日も直前まで走っていたのに、再始動ができなかったのだから!

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

あぁ、電難な一日・・・

台風一過の晴天・・・とは、いかなかった祝日。清里~美ヶ原方面へツーリングに行ってきました。
曇り時々晴れ、ところにより雨。という、乱れた天気に振り回され、カッパを出して着て、脱いでしまって・・・というのを二度ほど繰り返すなど、いつもに比べて手間のかかるツーリングでした。

天気にも恵まれなかった本日ですが、極めつけは
『ここまで連続して起きるか、電装(バッテリー)の災難?!』

続きを読む "あぁ、電難な一日・・・"

| | コメント (4)

2007年7月15日 (日)

やっと見えた青空・・・

三連休を直撃してくれた台風が日本列島からようやく去りそう!

夕方の空には、四日ぶり?くらいになる青空が垣間見えました。

Cbr600f_rimg0552_1

明日は、ツリーリングに行けるかな?

| | コメント (2)

2007年7月12日 (木)

ユーザー車検 CBR600F

代休をもらった本日
小雨ぱらつく中、ユーザー車検を受けてきました。

今回はユーザー車検3回目(満6年経過)だったのですが、3回目にして初めて「ライトの光軸」で引っかかりました。
光軸で引っかかったのは初めてのことで、検査で『×』が表示されたときは、少々焦ってしまいました。

去年末・今年と立て続けに右に転倒していたので、ライトユニットの取付部か多少ゆがんでしまったのかもしれません。

そこで、かかりつけ(笑)のバイク屋の兄ちゃんに電話で相談。そこのお店でも使っている、練馬車検場側のテスター屋を教えてもらい、調整をしてもらうことに。

テスター屋でずれていた光軸を調整してもらい、練馬車検場へUターン。再検査してもらったところ、光軸も合格に・・・
と、無事2時間程度で、今回のユーザー車検は終了しました。

続きを読む "ユーザー車検 CBR600F"

| | コメント (2)

2007年7月 9日 (月)

馬力自主規制の解除

が、決まったようですね~。

これで逆輸入車という購入スタイルも、事実上終息していくことになるのかな? ヤマハや川崎のように、国内向け車種が寂しかったメーカーのラインナップが増えて、安く(逆輸入手数料が無くなる)なればいいですねぇ~

日刊自動車新聞のニュース「自工会 二輪車の馬力規制撤廃で国交省と合意」

| | コメント (2)

2007年7月 1日 (日)

Gジャン染め直しプロジェクト

バイクに乗るようになって、買いそろえ始めたライディングウェア。

Cbr600f_rimg0492 このライダーススタイルのGジャンはお気に入りの一品。

4~5年前くらいに購入したモノで、値打ちモノというわけではないけれど、着心地と使い勝手が良くて愛用してきました。
乗り始めて一年ぐらいの間に買いそろえたウェアやシューズは大抵買い換えてしまったのにね~(笑)メット・グローブ・防寒ウェア一式・メッシュジャケット・カッパ・・・etc
バイクメーカー用品ではなかったので、モデルチェンジとかあるわけでもなく、代替品が見つからなかった。という事情があるからもしれないけれど。

Cbr600f_rimg0493そんな愛用のGジャンも、真夏の炎天下で酷使してきた結果、退色が目に余るほど酷くみすぼらしくなってしまい・・・orz。
※陽にさらされて変色&退色した表地とキレイな裏地の差に注目。

着続けようかどうしようか迷っていたときに知ったのが『ジーンズの染め直し』を取り上げた新聞記事。

「へ~、こんなこともできるんだ。」

さっそくネットで情報収集。個人でもできる染料とかも売っていることを知りました。
がしかし、染め直しとかに挑戦した人のブログとかを読んでみると、キレイに仕上げるには結構テクニックがいる様子。

“せっかくやるんなら、失敗したくないよな~。”

愛用のGジャン。着続けるためにするのだから、失敗して元々ではなくて、ちゃんと染め直したい・・・
そこで、ネットで見つけた染め直しのお店に依頼することにしたのです。

続きを読む "Gジャン染め直しプロジェクト"

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »