« 明日は早起きして、早朝ツーリングだ! | トップページ | 里の桜は満開。 »

2007年3月31日 (土)

バグスタータンクカバー CBR600に装着してみました。いい感じかも (BAGSTER)

知っている人は知っている「バグスターのタンクカバー」。外側が合成皮革で、内側はクッション生地となっている代物。

Rimg0213昨年の夏頃かなぁ、オークションで中古品が安く出ていて、半分冷やかしのつもりで入札していたら(笑)、落札してしまった・・・。

そんな経緯で入手したものだから、ダンボールの中に保管したまんまだったのですよ。

“あぁ、そういえば、こんなものを落札していたんだよなぁ”と、つい先日の掃除の時に、ダンボールを開封して(送られてきてから一度も開けていなかった)、試しに装着。

“悪くはないけど・・・思ったほどでもないかな~”と、その時は思っていたのですよ。・・・ですが

その1stインプレッションを撤回します!

“いいですわ、このバグスタータンクカバー!”(ちょい宣伝w)

洗車のときタンクカバーを外し、洗車後に水切りのためタンクカバーを付けずに、ちょい乗り・・・そしたら股の間の異物感?に嫌悪感みたいなものを感じるのですよ。

“うげ~、タンクってこんな硬いんだ(金属だから当然だけど)”

タンクカバーを付けることで、シート&タンクの両方がレザー+クッション素材になるので、跨った際の肌なじみがぐっと良くなり、座り心地まで改善するようです・・・さらに、タンクの傷隠し・傷防止、夏場の低温火傷防止にも役立つ。

CBR600F4i(F)の場合、取付けも難しくなかったですよ。

正直、期待していなかった分だけタンクカバーの効能に籠絡されてしまいました。

もう・・・手放せません(笑)

安くない買い物ですし、好みもあるけれど(正直自分もそうだった)、ツーリングとかで長時間乗るようなスタイルの人にはオススメです。

|

« 明日は早起きして、早朝ツーリングだ! | トップページ | 里の桜は満開。 »

CBR600F」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日は早起きして、早朝ツーリングだ! | トップページ | 里の桜は満開。 »