« さ、寒い~ | トップページ | 革の季節・・・到来!! »

2007年3月21日 (水)

ワイバン コンフォートシート カスタム[5] 長時間ライディングでの、シートの具合は・・・

約8時間、シートの具合を確かめつつ、がっつり走り込んできました。

ルートは、ごみごみした都内の下道を抜けて、奥多摩をぐるっと一周。

ぶっちゃけ走行距離こそ200km程度でしたが、狭くタイトな奥多摩の山道と、信号天国の青梅街道with渋滞(汗)の中を延々と、、えぇ延々と。

640_rimg0261 ※写真はワイバンコンフォートシートを装着したCBR600Fを奥多摩周遊道路「都民の森」にて撮影

★2007/03/25 “続きへ”加筆しました。

■長距離走行してみての感想はというと。

×尻が痛くなるまでの時間は早め。ノーマルよりは硬めだから当然か。
○形状と表皮の変更により、着座位置を前後にずらせるようになったので、痛くなった尻の座りを変えられる。
○ハイシート化で膝の曲がりがゆるくなったので、長時間座っていても着座姿勢が楽に。

欠点もあるけれど、概ね良好な乗り味です。個人的にはカスタムして良かったなぁ~。と、素直に思えているので、ホッとしてます。

.

『ワイバンコンフォートシート』の特性
シートのポジショニングチャート』を考えてみました。

★スポーツ走行向き(硬く・車体との一体感重視)
↑スーパースポーツの純正
ワイバンコンフォート
↓ツアラー&ネイキッドの純正
↓アメリカン&ビッグスクーターの純正
☆ツーリング向き(柔らかく・快適性重視)

スーパースポーツに乗っている人からみれば、快適性の向上に。
ツアラーやネイキッドならば、スポーツ性の向上に。
ワイバンコンフォートシートは、そういうカスタムだと思います。これから購入してみようかな。と考えている方の参考になれば。

.

・・・さて、ここから話しが変わります。

今回のシートカスタムの副産物で、一つ困ったことが発覚・・・
「どうやら、以前よりも前傾姿勢がきつくなってしまった」

20mmUPさせたシートの分だけ、ハンドルアップスペーサーでハンドルも高さをできる限り釣り合わせたつもりだったのですが、、、どうやら、かなり足りていない感じ。

寸法で20mmUPしたシートですが、ノーマルよりもワイバンコンフォートシートは沈み込まないためか、地面から着座した尻までの高さは、実寸で30mmUPくらいになっている感じ(汗)

ハンドルは実寸で15mmほどしかアップしていないので『ハンドル位置が-15mm下に移動してしまった』というわけなのです。

うーん。これは何とかしなければ・・・

(第6回に続く)

←第4回に戻る

|

« さ、寒い~ | トップページ | 革の季節・・・到来!! »

CBR600F」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

ワイバンコンフォートシート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さ、寒い~ | トップページ | 革の季節・・・到来!! »