« 交通事故にあったら バイク編~第二章 | トップページ | BMW F800S 試乗体験 »

2007年1月27日 (土)

バッテリーあがっちゃった(焦)

一年ほど前に交換したばかりなのに!とはいうものの、バッテリーあがりの予感はありました。

冬入りした頃から「ん、バッテリー元気ないかな?」という症状が出ていました。そして先週末、一週間ぶりにバイクに乗ろうとしたら、、セルが「キュル・・キュルン」と力なく回った後、沈黙してしまいました!

がーんッ!

さて、あがったバッテリーをどうしようか?
キーをONに回せば、時計やタコメーターの針は回るので、完全にダメになったわけではない様子。
新しいバッテリーを買うか・・・それとも、、、

これを購入してきたわけです。

Rimg0039_1バッテリー充電器です。

ETCが付くなど、後付電装品がてんこもりになっているし、週末だけバイクに乗るようになる可能性もないわけではない。
・・・>>今後も同様のことが起きる可能性は多分にある。ならばと・・・

幸いにも、バッテリーはきちんと充電できました。よかったよかった。
明日は久しぶりにバイクに乗れるぞ~(笑)

でもしかし、、、
今回、交換からわずか一年でバッテリーがあがってしまったCBR600。
交換前のバッテリーは、丸四年近く無交換で使えたのに・・・なぜ?

■バイクの使用状況に問題あり?
バッテリー交換後、今年は定期的にバイクに乗っていたかといえば・・・
1,交換後一ヶ月もしないうちに「転倒」→二ヶ月近くバイク屋行き
2,夏前にETCの取り付けで約一ヶ月近くバイク屋行き
3,昨年末の事故で一ヶ月近くバイク屋行き

と、年の1/3は休眠状態。基本的に分解整備中は放電しっぱなしでしょうから・・・、バッテリーにとってはあまり優しくない期間が長かったことは間違いない。

■追加電装アイテムを大量に取り付けた年だった
「純正の電装アイテム」の他に『グリップヒーター』『ナビゲーション』『ETC』『ハイマウントストップランプ』と、追加電力を消費するユニットがてんこもり!(汗)・・・という事情もある。

■もともと、電力マネージメントに持病あり?
2001年式のCBR600Fは、バッテリー発電力と比較して電装系の消費電力がオーバー気味という問題を抱えていた99~00年式のバッテリーを改良※したモデル(インジェクション化の都合も有)で、発電力の余力が少なそう。・・・というのも付け加えておきましょうか。
※バッテリー仕様..99~00年式(12V/8A),01~07年式(12V/8.6A)

とまぁ、そんなわけで・・・
電装系てんこもり状態のまま、今後も乗り続ける予定なので、先を見据えて「バッテリー充電器」を購入してきました。というわけです。

・・・しかし、これでは終わらなかったのでした。
『続・バッテリートラブル(前編)』へ

|

« 交通事故にあったら バイク編~第二章 | トップページ | BMW F800S 試乗体験 »

CBR600F」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

電装トラブル」カテゴリの記事

コメント

一度レギュレータレクチファイアの点検をした方がいいです。
最近ホンダ車はこれのパンクをよく聞きます。
これがパンクすると発電はしますが充電ができなくなります。
ちなみに俺はこれの交換を2台で5回やってます。
RVFで3回
954で2回・・・2回目は今なのです(T_T)

投稿: フォース | 2007年1月29日 (月) 22時05分

ご指摘の通り、充電系のトラブルを併発している可能性が高くなりました。

というのも・・・
本日バイクで通勤し、行きは順調だったのですが・・・
帰宅時、グローブをはめ直すため路肩に停車し、エンジンを切りました。そして、再始動のためにセルを回そうとしたら・・・
「キュルキュル・・・プスン」
バッテリーが上がって、再始動できなくなってしまいました(泣)

今、取り外して持ち帰ったバッテリーを再充電中です。
明朝は早起きして、通勤路に置き去りにしてきたバイクを回収に行き、充電したバッテリーを取り付けて、最寄りのバイク屋へ預けに行くつもりです。

いや~参りました。

投稿: コーイチ | 2007年1月29日 (月) 23時46分

電力が完全に無くなるとインジェクション車は無理ですが、
キュルキュルプスンの状態ならまだ押しがけができますよ。
まだメーター等は点く状態ですよね、それなら行けます。

投稿: フォース | 2007年1月30日 (火) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 交通事故にあったら バイク編~第二章 | トップページ | BMW F800S 試乗体験 »