« 修理&メンテナンスから戻ってきました | トップページ | ロックフィルダムの麓で »

2007年1月14日 (日)

カスタム・ワイバン コンフォート シート[1] 発注を決意

思い返せば半年以上前、、オークションで格安で出品されていたノーマルシートを落札できたのが始まり。

ノーマルのシートに不満?
いえいえ、不満といえるほど困っているわけではありません。

ただね、
シート前方の座面がやや幅広で、足をつく際に股が広がってしまうこと。
足をやや引いてステップを足先で踏むときに、膝の曲がりがきつく感じること。
タンデムシートの形状を、CB1300SFみたいなかっこいい感じにできないかな。

この3点だけ、もうちょっとなんとかならないかな~。と思っていました。

オークションでノーマルシートを入手した後は業者選定。
「あんこ抜き」や「レザー張り替え」の業者はいろいろあるけれど、広告では「あんこ盛り+形状変更」をPRしているところが見当たらず。・・・時間ばかりが経過。

そんな折、CB1300SF用の「ワイバンコンフォートシート」の実物を見る機会があり、仕上がりの良さが印象に残ったので、昨年の末に思い切ってオーダーすることにしたのです。

CBR600F用(99~00年式と同型の一体型シート)・・・もちろん、そんなものはワイバンコンフォートシートの既存のラインナップにはありません。

つまり、
ワンオフ(ワハハハハ!)

業者は三重県ですから、現車の持ち込みをするわけでもなく、シートを送るだけ。
Photo パーツリストのコピーに指示を細かく書いて同封するものの…心配。
“うまくいくかな~。お金を捨てただけになったら困るな~”と思わなかったわけではありません。
でも、ここまできたら、あとは業者を信じるだけ。

さて、どうなることやら。

(第2回に続く)

|

« 修理&メンテナンスから戻ってきました | トップページ | ロックフィルダムの麓で »

CBR600F」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

ワイバンコンフォートシート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 修理&メンテナンスから戻ってきました | トップページ | ロックフィルダムの麓で »