« ETC取付完了 | トップページ | 天候不順なんて、、嫌いだぁあぁぁ »

2006年8月 5日 (土)

エンジンのメンテナンス終了

結論から言うと
『カムチェーンテンショナー』の交換をしたら、エンジンからの異音が消えました。ヾ(-.-i)

> 検査結果
> ・バルブのクリアランス 許容値ぎりぎり
> ・カムチェーンテンショナー 問題なし
> ・カムチェーンガイド 問題なし

前にバイク屋の兄ちゃんから、↑のように最初に話を聞かされて、、

> そこで兄ちゃんと相談し、修理方針としては、
> ◆バルブクリアランスの調整
> ◆カムチェーンの交換

とまあ、そんな修理をやってみたのですが、、、
ダメ、、異音が消えない。

そこであらためて相談をし、とりあえず、出来ることから潰してみるか。ということになって、ダメもとで「カムチェーンテンショナー」の交換をしてみたところ、、異音が消えたのです( ̄▽ ̄;)

バイク屋の兄ちゃん曰く
『前に付いていたカムチェーンテンショナーも、壊れていたわけではないんですよ、、取り付けるときちんとカムチェーンを押してましたから・・・・』とのこと。

よーするに、整備時のエンジンが停止している状態で確認する分には正常(のように見える)カムチェーンテンショナーが、エンジン回転時には要求されている機能を果たしていなかった?というのが、結論なのかな。

ちなみに、このカムチェーンテンショナー、分解整備が出来ない構造らしいです。なので、前のものと新しく取り付けたもののどこが変わっているのかを確認するのが販売店レベルではできないそうな
※外見上には、変わったところは見られなかったそうです。

ただこのカムチェーンテンショナーは、国内仕様のパーツリストでは、99~02にかけての販売期間4年の間に、2回もマイチェンされているので・・・設計不良がもともとあったのかもしれません。
※ちなみにもともと付いていたのは、1回目のマイチェン後のもの。継続販売されている海外仕様の最新パーツリストは未入手ですが、そこではさらに変わっている可能性もありそう( ̄◇ ̄;)

なんにせよ、これで一番使いたかったエンジンの回転域を、気兼ねなく使えるのがうれしいですね。より気持ちよくバイクに乗れそうですし、長く愛用できそうです。

前の記事“エンジンの整備”を読む

|

« ETC取付完了 | トップページ | 天候不順なんて、、嫌いだぁあぁぁ »

CBR600F」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

レスありがとうございます!
そうですよね、こちらとしてもいろいろ調べた結果そうではないかなと思っています…泣
音でたとえるならゴロゴロとエンジン内部で金属のボールが転がっているような音??です。4000回転のみで、いくらかかりました?差し支えなければ教えていただきたいです。この交換でなおらなかったら腰上OHコースかもしれないですね

投稿: aki | 2007年10月 6日 (土) 00時34分

■akiさん
工賃ですが、、下記の内容のトータルで明細が出てきていました。

タペットクリアランス調整
+
カムチェーンテンショナーリフタ交換
+
カムチェーン交換
=35,280円(工賃)でした。エンジンは搭載したままで行っています。

パーツ代は全部で 16,278円でした。

この時点で走行距離約60000km。参考までに。

ではでは~

投稿: コーイチ | 2007年10月 8日 (月) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121585/11283068

この記事へのトラックバック一覧です: エンジンのメンテナンス終了:

« ETC取付完了 | トップページ | 天候不順なんて、、嫌いだぁあぁぁ »