« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の8件の記事

2006年8月30日 (水)

パソコンのハードディスクがクラッシュ

WIN98仕様のデスクトップパソコンのHDDがご臨終しました。前から異音がしていたので、、もしかすると・・・とは思っていましたが。

「ビスタ」が出るまでもって欲しかったんですけどね、、、とほほ。

当面の代替機として、家で使っているのが、、、より、おばあちゃんなWIN95仕様。というのが、、我ながら笑えますが。

はやく新しいの買おう~っと(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

「創刊男」の仕事術

書店営業のため本屋を回っている際に、ビジネス書のコーナーで見つけた本です。
この本のことを知っている人は少ないでしょう。
 
リクルートで多数の雑誌創刊に携わった編集者が、自らの仕事に没頭した半生を書き記した自叙伝・・・兼、後進の者達へのビジネス指南書。
という内容です。
 
実際に著者自身が体験していた(であろう)出来事が下地になっているので、書かれている内容がリアル。

考え・思いこみ、それが現実にどう影響したのか。
起承転結にまとめられた幾多の現実を、これでもか。というぐらい詰め込んであるので、読み応え十分。

もちろん、社会人であり存命な人であるから、諸事情で書いていない・あえて触れようとしていない、そういところもあるでしょう。
※リクルート事件絡みとか

でも面白いです。役にも立つと思います。
初めて会社の中でリーダー的な役割を任された新人。
会社を立ち上げて人を雇い始め、組織をまとめ事業に立ち向かう社長一年生。

そんな人達にオススメ・・・と、私は思っています。
 
 
 
p.s.

生涯に一冊
誰もが傑作を書き残すことができる
それは己の人生について書く時だ。
 
自分の胸の内で、これは真理だ。と思っているメッセージなんですけどね。誰かから、何かで、知った言葉ですが。

今回取り上げた本は、きっと著者にとって、そういう本となったのではないかな。と思います。

■DATA
著作名/MBAコースでは教えない「創刊男」の仕事術
著者/くらた まなぶ(倉田 学)
発売/日本経済新聞社
ISBN/4-532-31049-0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

いま、会いにゆきます

ちょっとした事情で小説を1~2冊読まなければいけなくなってしまい、書店の小説コーナーを眺めていたときに目に入ったのがコレでした。

“そういや、ドラマとかにもなっていたんだよな。”

読んだ小説をネタに話しをする可能性もあったので

“知られていない小説より、知られているモノのほうが、会話に入りやすくてよいかもな・・・”

という動機で、購入しました。

「ストーリーに興味があった」
「面白い。という噂を聞いた」

とか

「ドラマを観て、原作が気になった」

というわけでもないです。

そもそも、ドラマのほうも全く観ていなかったぐらいで・・・

読書にあてたのは、昼休みの休憩時間
メニューをオーダーして料理が出てくるまで
食べ終わって、昼休みが終わるまで
だから読み終わるまでに、1週間くらいかかったでしょうか。

正直言うと

“このストーリーの主人公に、中村獅童を使ったのはミスキャストでは?”
“竹内結子も、健康的なイメージが強いのと違うか?”

と、ドラマのキャスティングにツッコミ入れたり

“人物描写が丁寧で、読んでいて心地よい。・・けど、ストーリーは、フツーかな”

と、思っていたんですけどね。ラスト手前ぐらいまでは

そうめずらしくもない、情緒的なファンタジーだな。と 
 

でも、最後の展開で、やられちゃいましたね。

・・・中村獅童はミスキャストだろう。という主張は下げませんが。

この小説はおすすめです。

まだ
小説を読んだこともない
ドラマを観たこともない

それなら

手にとって読んでみる価値あると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

なにげない休日

休日出勤開けの日曜日、、、
当初は早起きする予定だったのに、、

結局、起きたのは11時・・・orz

土曜の夜にちょっと凹むことがあったりと、まぁ色々あったせいもあるのかもしれないけれど、、
一度は目が覚めたものの、二度寝・三度寝・・・・・・そして、四度寝( ̄◇ ̄;)と重ねてしまいました。

日も既に高く昇ってしまっていたので、ツーリングは諦めて、いつものジムで汗を流したり、ちょっと映画を観に行ったりと、まったりのんびりな休日を過ごしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

群馬長野~峠巡りツー

連日の早起きでしたが、頑張ってみました。
目が覚めてカーテンを開けると、まずまずの青空。
“これは行かねば。”と身支度して出発。行き先は避暑を兼ねて信州方面に決定。

ETCはもちろん装着してあります。
関越に乗り、パコンッと開くゲートを通過、料金所ではノンストップ。
“やっぱり、いいわぁ~コレ”

避暑狙いということで、もっぱら標高の高い峠道を繋ぐように走りました。
群馬→長野へ繋がる道は幾つかありますが、まだ通ったことのなかった「二度上峠(県道Img_4852 54)」を皮切りに、こんな感じて突っ走りました。

関越道を松井田妙義で下りると青空が。※写真1
ここからまずは北上していきます。

地蔵峠_県道33

Img_4853 二度上峠_県道54 ※写真2

(北軽井沢を横断_県道235)

鳥居峠_国道144+406

(国道406を須坂市へ向けて北上)

Img_4861 (県道54→県道66と繋いで、山田牧場へ)※写真3

渋峠_国道292

(草津温泉を通り過ぎ、道の駅六合へ)※写真4

Img_4865 暮坂峠_県道55

帰路へ

それにしても、と思ったのが「県道」に入ると、がくっと車やトラックが減り、走りやすくなること。
行楽地に来てる観光客は国道中心で走るし、トラックも多くは国道を走るので、当然といえば当然なんですが。暮坂峠を過ぎた後、渋川伊香保へ向かう道程も、国道353から県道35に変えた途端、かなり快適に。

「ビバ!県道」というツーリングしてみてもいいかもしれない。

■走行距離 約475km
■所要時間 約12時間

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

天候不順なんて、、嫌いだぁあぁぁ

関東近郊は、ほぼ終日降雨確率40~50%。

バイクも戻ってきて、久しぶりにツーリングにでも。。と思っていたのに、、非道いなぁ

ちょっと遠くまでとも思って、天気予報を見てみると、、晴れっぽいエリアと雨模様のエリアが入り乱れていて、どう走れば晴れ間の下を行けるのか、分からない。

実は、土曜日の今日、朝の4時半に起きてました。
昨日の予報では「午前中は晴れる~」と出ていたので。
でも、起きてカーテンを開けると、空はどんより。 m(__;)m
おまけに、お盆休みの初日なせいか、朝も未明の5時のくせに「○○高速、渋滞70km・・××高速、渋滞45km」
皆さん、ETCの夜間割引狙いですか?(゚◇゚;)

天気悪いし渋滞だし( ̄^ ̄;)、、ということで、二度寝しちまいました。フンッ!

明日もまた、山は天気がもつのは午前中まで。 伊豆にでもいくかな~、そっちは一応晴れているみたいです。

やれやれ

p.s.
盆休みは無し。暦通りです、ちなみに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

エンジンのメンテナンス終了

結論から言うと
『カムチェーンテンショナー』の交換をしたら、エンジンからの異音が消えました。ヾ(-.-i)

> 検査結果
> ・バルブのクリアランス 許容値ぎりぎり
> ・カムチェーンテンショナー 問題なし
> ・カムチェーンガイド 問題なし

前にバイク屋の兄ちゃんから、↑のように最初に話を聞かされて、、

> そこで兄ちゃんと相談し、修理方針としては、
> ◆バルブクリアランスの調整
> ◆カムチェーンの交換

とまあ、そんな修理をやってみたのですが、、、
ダメ、、異音が消えない。

そこであらためて相談をし、とりあえず、出来ることから潰してみるか。ということになって、ダメもとで「カムチェーンテンショナー」の交換をしてみたところ、、異音が消えたのです( ̄▽ ̄;)

バイク屋の兄ちゃん曰く
『前に付いていたカムチェーンテンショナーも、壊れていたわけではないんですよ、、取り付けるときちんとカムチェーンを押してましたから・・・・』とのこと。

よーするに、整備時のエンジンが停止している状態で確認する分には正常(のように見える)カムチェーンテンショナーが、エンジン回転時には要求されている機能を果たしていなかった?というのが、結論なのかな。

ちなみに、このカムチェーンテンショナー、分解整備が出来ない構造らしいです。なので、前のものと新しく取り付けたもののどこが変わっているのかを確認するのが販売店レベルではできないそうな
※外見上には、変わったところは見られなかったそうです。

ただこのカムチェーンテンショナーは、国内仕様のパーツリストでは、99~02にかけての販売期間4年の間に、2回もマイチェンされているので・・・設計不良がもともとあったのかもしれません。
※ちなみにもともと付いていたのは、1回目のマイチェン後のもの。継続販売されている海外仕様の最新パーツリストは未入手ですが、そこではさらに変わっている可能性もありそう( ̄◇ ̄;)

なんにせよ、これで一番使いたかったエンジンの回転域を、気兼ねなく使えるのがうれしいですね。より気持ちよくバイクに乗れそうですし、長く愛用できそうです。

前の記事“エンジンの整備”を読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ETC取付完了

エンジンメンテナンスと合わせてETCの取付をお願いしていたバイクが戻ってきました。

Img_4849■本体はシート下、車載工具やU字ロックの入れ場所となっていたスペースに納めました。

■大きなアンテナは、2枚あるスクリーンの間、低い方のスクリーンの上面に取り付けました。

Img_4851_1 ■ETCインジケーターは、最初もっと手前に取り付けてあったのですが、スピードメーターを見るときの目線を遮ってしまっていたため、奥へずらして設置しました。

まずまずの仕上がりではないかな、、と。( ̄▽ ̄;)

Img_4850_1 ただ、ナビ用のステー・アンテナ・ETCインジケーターの基部と、いろいろ取り付けてあるので、スクリーン越しにその配線が透けて見えるのが、見た目的にどうかな?という気もします。
カッティングシートで目隠ししようかな・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »