« 食欲の秋 突発ほうとうツー 奥多摩~塩山 11/13 | トップページ | 祝 1週間皆勤賞( ̄▽ ̄;) »

2005年11月26日 (土)

バイクへの積載/SA700iS 検証no.2

バイクへのナビの積載としてメジャーな方法は
「タンクバッグに入れて使う」
「ハンドルポスト近辺にアタッチメントで積載する」

これらの方法は、取付の簡便性を考えると合理的なのですが、「タンクバッグ」に入れると完全に真下を向くような姿勢で画面を見ることになりますし、「ハンドルポスト近辺の積載」でも、スピードメーター等よりかは、更に顔を下に向けることになります

顔を下に向けることで、前方確認がおろそかになる瞬間があるのは、ちょっと怖くないですか。なので、スピードメーターと同程度かそれよりも高い位置にナビ画面がくるようにしたいなぁと、なるべくナビケータイが高い位置にくるよう、積載することにしてみました。

3 1.0.
元からあるスクリーンに穴をあけ、携帯ホルダーの基部となる金具を固定。
基部となるL字金具+ネジ等は、ホームセンターにて購入

1 2.0.
携帯ホルダーを右のように設置。携帯ホルダーは「MOTO FIZZ」製。

4 2.1.
乗車位置から見た、携帯ホルダーの積載位置。

6 3.0.
携帯を携帯ホルダーに収めた状態。

5 3.1.
乗車位置から見た、携帯の積載状態。
ナビ画面の位置をかなり高いところにもってきてあります。
ふだんの走行中、前を見た姿勢で、視野の左下ぐらいにナビ画面が見えました。
視線移動だけで十分現在位置の確認ができます。

取り付けてみて、思った以上の出来映えに( ̄▽ ̄;)うれしくなり、とりたてて用もないのに、ナビ動作検証もかねて、バイク屋までひとっ走りしてしまいました。 

|

« 食欲の秋 突発ほうとうツー 奥多摩~塩山 11/13 | トップページ | 祝 1週間皆勤賞( ̄▽ ̄;) »

ケータイdeナビ SA700iS レポート」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

なかなか良い感じにつけることが出来ましたね。
これで接続料金の問題だけで後は解決っぽいですね。
なにはともあれおめでとうございます。

投稿: masakazu | 2005年11月28日 (月) 20時09分

お褒め頂きありがとうございます。
我ながら思った以上の出来栄えだと。。。

疑問に思っていることがひとつあります。
SA700iSでは、ナビをさせているときに、GPSが衛星情報を一時的にロストした場合、その後どうも自動で復旧しないみたいなんですよ。気づくと、画面が一向に更新されていないまま、、、ということが、結構ありまして。
Mio168では、そういうことはあったりしますか。

他にも動かしていて、いくつか気になるところあるんで、それもまとめようかな~と思っています。

投稿: コーイチ | 2005年11月28日 (月) 22時10分

Mio168RSの場合たまに同じように止まる時もありますが大体はきちんと復旧してくれたはずです。
ロストの状況とかにもよるんでしょうね。
高架下とか短いロストの場合はまず平気だったような。
ついでにこっちに書いてしまいますが電池の持ちはやはりそんな感じでしたか。
乾電池からの充電は結構必須っぽいですね。

投稿: masakazu | 2005年11月29日 (火) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121585/7285114

この記事へのトラックバック一覧です: バイクへの積載/SA700iS 検証no.2:

« 食欲の秋 突発ほうとうツー 奥多摩~塩山 11/13 | トップページ | 祝 1週間皆勤賞( ̄▽ ̄;) »