« カエルがいます。さてどこにいるでしょうか? | トップページ | 嵐到来 »

2005年8月23日 (火)

区別と差別

アイビーの写真を見ていて「右のほうが育ちが良いな。左は育ちが悪いな。」というふうに、ふと思考した私。むかし、こんな禅問答を考えたことがあります、『差別はよくない...じゃあ区別ならいいの?』 これは物心ついた子供が親を困らせるような質問だと思います。( ̄^ ̄;)

子供が“良い・悪い”と断定することに、親として眉をひそめる人もいるかと思います。 親の知恵で解決したいと思うのなら、こう口に出して、子供の表現を誘導するでしょうか「右の子は元気がいいね。左の子はお昼寝しているのかもね」などと。

年を重ねれば重ねるほど、判断すること「区別も差別も」難しい。ということを痛感するのですが、、、、って、俺って今酔っているのか?ヾ(-.-;) す~ぐ結論は出そうもないので、思い出したように、このネタは時々考察してみようと思います。

IMG_4271そうそう、忘れていました、アイビーは元気です。最近は水をよく飲むので、土の乾きが早いです。

|

« カエルがいます。さてどこにいるでしょうか? | トップページ | 嵐到来 »

アイビー観察日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121585/5607476

この記事へのトラックバック一覧です: 区別と差別:

« カエルがいます。さてどこにいるでしょうか? | トップページ | 嵐到来 »